JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

メイン | 2007年2月 »

2007年1月

【ぽるる】二階の部屋の現状:2


隣の部屋に行きましょう。1の部屋の畳。


奥の部屋も、カーテンと電気を現状維持で頂いたんです。
ありがたいです。窓をあけると、ベランダになってます。


畳の上に、カーペット(?)が弾いたまま。
でも隣の部屋より小さい事は確か。


こちらも押入れあり。そして、下側だったかな、
床が三角形になってました。


リフォームするとなれば、畳と襖は替えるしかないでしょうかね。


こちらの部屋の壁もざら感のあるタイプ。なんていうんでしょうか、
こういうのは~(><)でも隣の部屋の壁と色は違いますね。
黒い線は電話・・・・??
天井がすこしずれてますが、あの板とかをはずして
上に行ったり、ベランダを伝って屋根に上ったりして、
雨漏りとか治されていたようです。すごすぎです~!!


あそこに、電気のコンセントがあるぞ、と・・。
なんか、コンセントがどこにあるかって気になります。
自分の生活の動線上に調度良くあるといいんですけどね。
こっちの部屋は狭いので、普通に暮らすとしたら、
寝室になるんでしょうかね。

さて、これで、ぽるるの中は全部これで探検終わりです。
あ、外から見た全体像撮ってませんでした。
あと、外の屋根と壁ですね。これはまた2月に。

【ぽるる】二階の部屋の現状:1


2階上がってすぐの部屋がこちら。押入れと窓。
カーテンは以前住んでいた方がご好意で
現状維持で置いていってくださったんです。
ありがとうございます!あと電気もつけたままにして
くださったんですよね、有り難すぎます。


たたみは、確か、古い、昔の大きさだと伺ったような・・・。


そういえば、窓の周りの壁だけ、色が違いますね。


押入れはいろいろと使えそうです・・・。


天井。なんていうんでしょうね、ちょっと変ってますよね。


壁が変ってます、なんていうんでしょう、この昔風のざらざら感。
ご好意でエアコンもそのまま置いていって頂いたんですよね。
ありがたいですm(_)m

2階の隣の部屋に続く。。

【ぽるる】階段の現状

さて、今回は階段です・・・。実は1年近くもほってあったため
カビが生えてしまっていました(><)
ほんとに、申し訳ない。。。m(_)m胸が痛いです。


上がっていきます。小さい裸電球がついてます。


途中から見下ろします。かなり、ぎしぎしいっています。
やばいかもしれません。補強したほうがいいかも・・・。


階段のこのスペースを上手く利用して収納にしていたようです(?)


階段の上がりきったところの天井。


こっちが、壁側、コートなどかけられるようです。


コートをかけたら、閉まっているので、引いてあけてみると・・・。


ここから二階の和室です。


さて、階段ですが、上り下りするだけで、
かなり板がぎしぎしいってるので、
乱暴に駆け上がったりすれば壊れそうです。
階段補強は必ずしなくてはならないでしょう。
オーナーが、スケルトンにして螺旋階段にしようよ~
とか言ってましたが。一体幾らかかるんだってなもんです(--;)
それより、階段って、位置変えられるものなんでしょうか??
とっぱらってしまって、2階とかは落ちてこないの?大丈夫なの?
リフォーム初心者ちてな、不安がいっぱいですよ・・・。
っていうか、構造とかさっぱりわかっていないっす。

続く。。

【ぽるる】一階のキッチンスペース現状

一階の居間の隣が、キッチンと、お風呂、トイレ、階段スペースです。

まずは、キッチン。隣にあるのはお風呂のドア。


ガス給湯器が、こんなに大きくて横についてるのは初めて見ました。


キッチンの上の棚。配管と、換気扇。その下の緑の筒は
煙が効率的に換気扇に吸い寄せられるように
工夫されたようですね。


キッチンの床部分。ところで、ここはいったい何畳なんでしょうか・・;。
ほんと、いい加減広さを調べないと・・・・。焦ります。


左から、お風呂のドア、勝手口、トイレのドア。


トイレの隣が、階段。

続く。。

【ぽるる】一階の居間(?)スペースの現状

はい、今回は、一階の、玄関入って、
上がってすぐの部屋です。
いちおう、居間になるのかな・・・?
この部屋の奥に、台所トイレお風呂階段があるので・・。

そうえいば、肝心な、部屋の図面が無いんです。
これって、リフォームするのに痛いですよね。
不動産屋さんであるような、簡単な間取り図でいいから、
作成しないといけないよなーと、どきどきしています。
だって・・・広さが全くわからない。
畳何畳くらいなのかとか、壁や床の長さ、高さもわからない。
聞く所によると、建物自体は8坪だとか。
それくらいしか、わかってることが無いのが現状m(_)m

次行くときは、メジャーもって行って
片っ端から計測したほうが、いいですよね。
間取り図作って、計測しよう・・・。はしごとかも必要かしら・・。

これは、キッチンから撮った部屋の左側。
杜の奏の棚を置いてます。


ここは階段の下ですね。カーテンレールがあるのは、
ここが洗濯機置き場だったからだそうです。


こっちは、右側の壁。今は映ってませんが、このあと、
杜の奏の棚を2個並べてきました。
ということは、この棚は、パイン材のウッドラック4段タイプで、
高さ110cm、横幅約90cmのはずだから・・・。
・・・って、こんなん目安にしてていいんだろうか(A^-^;)


床部分。このすぐ隣がキッチン部分へと続きます。

続く

【ぽるる】玄関スペースの現状

契約前に、一度中をじっくり説明されてから、1年経ってしまいました。
買ったけど、どうする?とは話し合っていました。
・1階を駐車場にして2階に住む。
・住みながら、2階か1階か、どちらかで、
 接骨院でやっている、待合室ギャラリー杜の奏をやる。
 そのため、接骨院が休みの日で、
 週末だけ、日曜だけの、限定ギャラリーをやる。

などなど浮かびつつも、浮かんで終わり。
この建物(週末ギャラリー)のことを「ぽるる」と名づけることだけは
初めのうちからひらめいていました。
以降、この中古店舗物件のコトを「ぽるる」と呼びます。

結局「自分たちが住む」なら、リフォームも最低限でいいだろうと、
あまり、工務店とかも調べず、日々の仕事で忙しく、
あっというまに何もせずに、12月になりました。
その間、一度も、ゆっくりと、ぽるるに足を運んでいませんでした。

11月。不動産の仕事との兼ね合いの関係で、
ちてなが接骨院を来春、辞めることに。そのため、
待合室ギャラリー杜の奏も12月末で終了。ここで、はたと気がつきます。

「ぽるるを、自分がいて居心地がいい、人に貸せる、
 皆に使ってもらえる空間(ギャラリー)にしよう。」

しかし、人に貸せるような状態ではありません。
リフォーム予算は限られていて、無いに等しい。
思い描くのは、簡単ですが、現状が現実です。

まあ、土地と建物はあるわけですから、気長にいくしかないですかね。

というわけで、まずは、たくさん写真撮っているので、
部屋(?パーツ?)毎に少しずつ載せていきます。
今の現状はこんなかんじ。


入り口は、シャッター。開けると、引き戸。


入ると、玄関スペース(?)少し広いです。



さらに、中に入るには引き戸で一段上がる。
カーテンレールが付いていて、カーテン付き。
西陽対策と寒さ対策かな。


中に上がったところから、玄関をとったもの。
この高低をいかすか、無くすか、いろいろと考えられそうです・・・。

続く

【ぽるる】忘れられない物件との出会い

2005年11月、
埼玉県新座市と東京都練馬区の境の物件を
オーナー(編集長)が発見。店舗付き中古住宅築35年だそうです。
ただ、「土地(古家有))」という形で、あくまで建物はオマケ。

長屋形式のため、私道、境界、建築条件についてなどを
不動産屋さんに問合せ、11月10日、即、物件を内覧&申込み。
予算的なものもあって、不動産屋さんも、ちょっと難しいのでは。。
と思っていた金額の提示になりました。

すると、翌日、嬉しい連絡。なんと、売主さまが、
その金額でも譲ってくださるということに。
金額が金額なので、無理だろうと、編集長も半ば諦めていたので、
不動産屋さんも含めて、驚きと喜びでした。

実は、どうしても譲って欲しいという売主さまへのお手紙を、
不動産屋さんに託していた編集長。やはり、気持ちが大事、
何よりも、その気持ちを理解してくださった、懐の広い、
ご寛大な売主さまには、感謝感激です。

あのときの、不動産屋さんの顔は今でも忘れられない。
「正直、ぜったい、この値段は無理だと思った。
 よっぽど、売主さまが、お手紙の内容に、心を動かされたのでしょうね」
と、いったいどんなこと書いたらそうなるのかと感心しきりの表情。
ちてなも、てっきり、断られると思っていたので、
結果を聞いて、ほんとにいいの?! 
と、逆に電気ショックを受けたような神聖な気持ちになりました。
とにかく、あまりのことに、びっくり驚きふわふわで夢のようでした。

11月17日
売主さまと、そのご家族皆様、不動産屋さん、わたしたちの初ご対面。
全員集合でご挨拶し、建物の中をくまなく確認。


11月25日 契約成立。それにしても、早かった!!!

とにかく、売主さまはいい方でした。
奥様も、お嬢様も、家族ぐるみでお付き合いをしているという、
お嬢様の仕事先の上司の方もお出でになって、和気藹々。
みなさん、あったかい、いい方たちばかり。

ちてななどは、この上司の方(女性のご年配の方でしたが)に
「よく似ている知人がいる。最初、知人かと思った。これも縁でしょうかね」
と、とてもいい印象を持って頂いたようで、ほんとに嬉しかった。

編集長は、売主さま、自分達と、人数も多く、
渡される書類が多くわかりにくいから売主さまにご負担がいかないよう、
いろいろ、不動産屋さんに、こうして欲しいと書類の分け方、
区分に関するアイディアを進言していたらしい。
不動産屋さん、その進言を受けて、丁寧に工夫して下さったおかげで、
売主側のご家族様一同、「これは、わかりやすい♪」と喜ばれました。
たたでさえ、長くて緊張する重説も、この一工夫で明るいものに♪

ずっと、みなさんで、あちこち手作りされてきたそうなんです。
ベランダ作ったり、日よけ作ったり、洗濯機置き場作ったり、
お風呂作ったり、屋根の水漏れ直したり、全部、自分たちで
直せる物は直して、作れるものは作って、工夫して暮らしてきた、
大事に生活されてきたというのが、ひしひしと伝わってきました。

もともと、お店だったのを、やめてたので、
一段高くなった床下が倉庫になってるそうで、
「ほら、ここ、こうなってるの、便利なのよ~」と見せて下さったり、
手作りの、雨戸を、そのまま置いていって下さったり。
ほんと、なんというか、じんときました。

こんなに、大事に丁寧に暮らしてきた御家を、
次に買ったわたしたちが、台無しにしちゃけない、
そういうプレッシャーだけは強くありました。

また、近隣の方々、ご近所も、ご挨拶周りしたのですが、
静かな、のんびりした環境でよさそうです。
ちょうど、世代交代でしょうかね。あちこちで
土地が売られ、新しい家が建ってきています。

このときの不動産屋さんの担当の方は、ものすごく、丁寧で、
こちらの気持ちを汲み取ってくださる、いい方でした。

全てにおいて、いい巡り会わせだったなあと実感しています。
こうして、購入した段階で、2005年は終りました。

【1LDO】こんな編集部です

せっかくなので、1LDOのことも少し書いておきます。

2004年9月30日に、
埼玉県新狭山で、売りマンションを見つけます。
もともとは会社の社員寮だった中古マンションでペット可。
駅から歩いて5分と激近のため、販売当日で
1ルームもファミリータイプも両方人気で即日ほぼ完売。
そんな中、このマンションの一階にある
店舗・事務所物件は非常に変っていて魅かれました。

店舗と称されている部屋は、もともと社員寮の集会所で、約10坪。
ミニキッチンが付いていますが、トイレはありません。
そして、隣に事務所と称された1ルームが。約5・7坪で、
トイレとその奥に宿直室(仮眠室)がありました。

10坪の店舗のほうに、トイレが無いのが痛い。
こうなると、隣のトイレのある事務所も欲しい。

店舗のほうを、わたしたちの事務所として使い、
事務所のほうを、倉庫&トイレとして使おうと、交渉、
10月の13日には物件契約を済ませました。(早っ!)。
この日、ちてなは初めて物件を見たわけですが
正直、ひろ~い♪おちつく~♪♪とソファーで和んでいました。

このあと、10月下旬から12月にかけて引越し、
模様替えなどを整え、事務所空間&トイレ倉庫が完成!!

この出来上がった事務所空間に名前をつけよう!となり、

「リビング(L)でもあり、ダイニング(D)でもあり、
 オフィス(O)でもある ひとつの部屋」  

と言うことで、1LDO(わんえるで~おー)に決まりました。
この名前が、そのまま、わたしたちサポートチーム名となり、

2004年12月に「1LDO(わんえるで~おー)」が
発足、以後、今日の不動産とアート分野での活動に至ってます。

今のところ、この1LDO事務所、全く使っておりません(苦笑;)
倉庫のほうは、もりもり使っているのですが、
事務所空間は、ぬいぐるみ置き場と化しております。
勿体無いですよね~~。使いようによっては、
ギャラリーや展示場、小さな本屋さんなど、
いろいろ出来ると思います。おいおい、時期を見て、
使えるときが来たら、有効活用したいと思っています。