JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【1LDO】こんな編集部です | メイン | 【ぽるる】玄関スペースの現状 »

【ぽるる】忘れられない物件との出会い

2005年11月、
埼玉県新座市と東京都練馬区の境の物件を
オーナー(編集長)が発見。店舗付き中古住宅築35年だそうです。
ただ、「土地(古家有))」という形で、あくまで建物はオマケ。

長屋形式のため、私道、境界、建築条件についてなどを
不動産屋さんに問合せ、11月10日、即、物件を内覧&申込み。
予算的なものもあって、不動産屋さんも、ちょっと難しいのでは。。
と思っていた金額の提示になりました。

すると、翌日、嬉しい連絡。なんと、売主さまが、
その金額でも譲ってくださるということに。
金額が金額なので、無理だろうと、編集長も半ば諦めていたので、
不動産屋さんも含めて、驚きと喜びでした。

実は、どうしても譲って欲しいという売主さまへのお手紙を、
不動産屋さんに託していた編集長。やはり、気持ちが大事、
何よりも、その気持ちを理解してくださった、懐の広い、
ご寛大な売主さまには、感謝感激です。

あのときの、不動産屋さんの顔は今でも忘れられない。
「正直、ぜったい、この値段は無理だと思った。
 よっぽど、売主さまが、お手紙の内容に、心を動かされたのでしょうね」
と、いったいどんなこと書いたらそうなるのかと感心しきりの表情。
ちてなも、てっきり、断られると思っていたので、
結果を聞いて、ほんとにいいの?! 
と、逆に電気ショックを受けたような神聖な気持ちになりました。
とにかく、あまりのことに、びっくり驚きふわふわで夢のようでした。

11月17日
売主さまと、そのご家族皆様、不動産屋さん、わたしたちの初ご対面。
全員集合でご挨拶し、建物の中をくまなく確認。


11月25日 契約成立。それにしても、早かった!!!

とにかく、売主さまはいい方でした。
奥様も、お嬢様も、家族ぐるみでお付き合いをしているという、
お嬢様の仕事先の上司の方もお出でになって、和気藹々。
みなさん、あったかい、いい方たちばかり。

ちてななどは、この上司の方(女性のご年配の方でしたが)に
「よく似ている知人がいる。最初、知人かと思った。これも縁でしょうかね」
と、とてもいい印象を持って頂いたようで、ほんとに嬉しかった。

編集長は、売主さま、自分達と、人数も多く、
渡される書類が多くわかりにくいから売主さまにご負担がいかないよう、
いろいろ、不動産屋さんに、こうして欲しいと書類の分け方、
区分に関するアイディアを進言していたらしい。
不動産屋さん、その進言を受けて、丁寧に工夫して下さったおかげで、
売主側のご家族様一同、「これは、わかりやすい♪」と喜ばれました。
たたでさえ、長くて緊張する重説も、この一工夫で明るいものに♪

ずっと、みなさんで、あちこち手作りされてきたそうなんです。
ベランダ作ったり、日よけ作ったり、洗濯機置き場作ったり、
お風呂作ったり、屋根の水漏れ直したり、全部、自分たちで
直せる物は直して、作れるものは作って、工夫して暮らしてきた、
大事に生活されてきたというのが、ひしひしと伝わってきました。

もともと、お店だったのを、やめてたので、
一段高くなった床下が倉庫になってるそうで、
「ほら、ここ、こうなってるの、便利なのよ~」と見せて下さったり、
手作りの、雨戸を、そのまま置いていって下さったり。
ほんと、なんというか、じんときました。

こんなに、大事に丁寧に暮らしてきた御家を、
次に買ったわたしたちが、台無しにしちゃけない、
そういうプレッシャーだけは強くありました。

また、近隣の方々、ご近所も、ご挨拶周りしたのですが、
静かな、のんびりした環境でよさそうです。
ちょうど、世代交代でしょうかね。あちこちで
土地が売られ、新しい家が建ってきています。

このときの不動産屋さんの担当の方は、ものすごく、丁寧で、
こちらの気持ちを汲み取ってくださる、いい方でした。

全てにおいて、いい巡り会わせだったなあと実感しています。
こうして、購入した段階で、2005年は終りました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6880061

【ぽるる】忘れられない物件との出会いを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。