JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【交渉の達人】細かい部分と細かくない部分 | メイン | 【交渉の達人】旦那さんが頑張らないと! »

【交渉の達人】雨降って地固めろ!?

 施工ミスについて( http://fs.emaui.info/2007/01/post_3a9a.html )
 相談者は、
 「取替えのクレームを上げるのは簡単なこと」
 って言ってますけど、こういう場合に大事なのは、
  ●トラブルを良い方向にもっていくこと
 なんですよね。

 新築ということですから、自分の決めたサイディングが、
 どうしても譲れないのであれば、やり直しを基本とした交渉になるでしょうが、
 今のサイディングでも良いのであれば、
  ●やり直しよりも、自分にとっても、相手にとっても、
   メリットのあることは無いのか?
 という観点で考えてみると、やり直しよりも「トク」になる場合もあるんですよね。

 と言えば、
 「あ、その分、安くしてもらうのか?」
 と、ピンときた方も多いでしょう。

 もちろん、基本はその通りですが、
 今年はイノシシ年で「猪突猛進」なんて盛んに言われてますけど、
 猛進してても、臨機応変に状況判断することこそ、大切です。
 つまり、
  ●安くしてもらうことにも、色々な選択肢がある
 という部分が一番重要なんです。

 すでに金額が決っているわけですし、
 「ペナルティ」のように安くさせたりすると、
 最悪、職人さんの日当やらが削られたりして、
 家のクオリティが下がりかねないと思うんですよ。
 そこで、
  ●金額はそのまま、安くしてもらう分で「××」をお願いする
 という発想が大切になってきます。

 例えば、
 「やり直すのは大変でしょ?
  だったら、その分、安くしてもらっても良いけど、安くするのも大変でしょ?
  じゃあさ、例えばね、他の現場とかで余ってる床暖房とか、照明とか、
  何か、うちの家をアップグレードできるようなものを、追加してくれない?
  金額はそのままで構わないから…」
 なんて感じで、聞いてみると良いと思うんですよね。

 もちろん、追加されるものが金額相応でないと思った場合などは、
  ●やり直し
  ●やり直さずに値下げ
 などになるかも知れませんが、
 最初から、それだけに固執するのではなく、
  ●金額以上のものが追加される可能性
 を広げておくことが大切です。

 こんな感じで、相手のミスを責めて、関係をギクシャクさせるのではなく、
 「お互いの問題」として、一緒に解決策を考えていく姿勢を、
 皆さんも考えていくと良いと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6940895

【交渉の達人】雨降って地固めろ!?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。