JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【交渉の達人】本当に何もしてもらってないの? | メイン | 【話題の現場】地価日本一の場所に行ってみた »

【交渉の達人】やっぱり大手は安心か?

 どうも日本の場合、
  ●担当者(人)よりも、まず会社
 って考えちゃう人が多いんじゃないでしょうかね?

 でも、厳しい言い方をしますが、会社にはできる人、できない人がいます。
 そして、先週、お話ししたように、
  ●不動産屋さん = 担当者は、いわば弁護士のような立場で、
            間に入って、契約のリードをしてくれる立場
 ですから、良い担当者を選ぶことこそ、大切なのです。

 まぁ、先に会社を見てしまう…という点については、
 日本の会社の仕組み上、仕方ないなぁ…と感じる部分もあります。
 例えばアメリカの場合。
 たとえ会社であっても、担当者ひとりひとりが自営業者のような感じです。
 (もちろん、地域や契約体系にもよりますが…)

 つまり、彼らにとって「会社」は「所属する場」であって、
 同時に「会社のブランドで自分の宣伝をしてくれる場」であって、
 日本の社員さんのように「雇用される場」ではありません。

 ですから、会社から給料が支払われるのではなく、
 それどころか、自分が宣伝費や売れた場合のロイヤリティを会社に支払うような、
 「会社」は言わば弁護士の共同事務所的なものです。
 (なので、会社が雇うのは事務員さんであって、
  各物件の担当者(=エージェント)は、自らの力量で仕事をしていく形です)

 そのため、お客の側からしても、会社よりも担当者先にありき…というように、
  ●会社よりも、まず担当者(人)
 という発想になりやすいのです。

 というようなアメリカの話はともかく、
 大手であるから安心…というような発想は危険です。
 これは大手が悪いというのではなく、大手であればあるほど、
 色々な人が働いており、やはり、質の良し悪しがあるのは事実です。

 ですから、大手に依頼するのであれば、
  ●大手に相応しい担当者なのか否かを判断すること
 から、スタートするのが、失敗しないための方法です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6944942

【交渉の達人】やっぱり大手は安心か?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。