JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【交渉の達人】細かい人は嫌われる? | メイン | 【交渉の達人】やっぱり大手は安心か? »

【交渉の達人】本当に何もしてもらってないの?

 今回の、
  http://fs.emaui.info/2007/03/post_9f44.html
 この投稿にある、
 「何もしてもらっていないのに仲介手数料は取られるものなのでしょうか?」
 には、大きな間違いがあります。
 確かに貸主(大家さん)のための宣伝や、現地案内などはしていません。
 しかし、相談者と貸主の契約の仲介こそ、一番大切な仕事です。

 これは賃貸に限らず、売買でも言えるのですが、
  ●不動産屋さん = お店であり、担当者はセールスマンである
 というイメージを抱いている方が多いんですが、
 本当は、
  ●不動産屋さん = 担当者は、いわば弁護士のような立場で、
            間に入って、契約のリードをしてくれる立場
 という感じです。

 ですから、今回の場合も、契約書を作成して、
 それに対する仲介事業者としての責任を取ることが、仕事になります。
 もし、仲介手数料を支払いたくないのであれば、
 契約書も当事者間で作成することになりますが、
 当然、貸主としては、面倒ですし、間にプロに入って欲しいので、
 借主が作成した契約書を持参しても、断られる可能性が高いでしょう。

 もし、相談者が探した事業者に比べて、手数料が割高であるのであれば、
 貸主に対して、
 「もし業者さんに間に入っていただくのであれば、
  少しでも安くやってくださる不動産屋さんを入れたいのだが、
  大家さんの指定くださった業者さんよりも、
  他の業者さんを通した方が安くなりそうです。
  それであれば、他の業者さんを通そうとも思うのですが、
  ただ、大家さんとのご関係もあるので、
  もし、その業者さんにあわせていただけるようなことがあれば、
  是非、大家さんのご指定の業者さんにしてみたいと思います」
 というように、交渉してみることも方法でしょう。

 しかし、貸主に対して、そのような相談もせず、
 貸主が紹介した業者に対して、相談者が直接、
 「お宅は高い。もっとまけてくれ!」
 みたいに言ったとしたら、相談者とその業者との関係は崩れるでしょうし、
 その業者から連絡が入れば、相談者と貸主との関係も崩れるかも知れません。

 ですから、貸主と直接交渉したのであれば、
 まず、貸主に対して、きちんと相談することこそ、大切です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6944937

【交渉の達人】本当に何もしてもらってないの?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。