JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【ささやかリゾート計画】総予算300万円で海辺で暮らせるのか?(仮) | メイン | 【ささやかリゾート計画】エアコン工事その1♪ »

【突撃取材】いつも家族で営業中のヨシケイハウスさん

--------編集部
今回、一番最初の取材先として選ばせて頂いたのは、わたしが良く行く高円寺にある「ヨシケイハウスさん」です。何故、選ばせて頂いたのか…と言えば、高円寺が好きで行きやすかったのも事実ですが、実は、もうひとつ、「いつも家族で営業中!」というキャッチフレーズのインパクトに惹かれました。

サイトを拝見した際に、まず、これが目に入るんですよね。後継ぎがいないため、廃業される不動産屋さんすら多い昨今、「いつも家族で営業中!」って、いいじゃないですか☆しかも、繁華街としても人気で激戦区の高円寺で、「いつも家族で営業中!」って、すごいじゃないですか☆ と言うわけで、「いつも家族で営業中!」に、いっきに興味が走り、早速、ヨシケイハウスの松本典子さんに取材させていただきました。

--------ヨシケイハウスさん・松本典子さん(以下、松本さん)
ヨシケイハウスの特徴は、やっぱり『いつも家族で営業中』ですね。その言葉の通り、お客様に対してもアットホームな雰囲気を大事にしているんです。世間一般の不動産屋さんに対する悪いイメージの、 『怖い』とか『騙されそう』という部分を取り除いて、お客様を家族のように思い、家族と同じように親身に対応しよう…と。例えば売買ですと、競売、買い替え、私道関係、相続など、ひとりひとりが、それぞれ問題を抱えていらっしゃいますから、ただ売ればいい、買えばいいだけではなく、いろんな『困った』に対応できるよう、お話を聞かせて頂いています。

--------編集部
Fudosan.JPの「不動産の目安箱」でも、不動産業界のイメージについて、http://fudosanbbs.2525.net/2005/07/post_b809.html という感じで、皆さん、色々な意見を出されていますが、こういう「家族と同じように」というのは、とても良い発想ですよね。

それに「不動産相談センター」に日々寄せられる相談の中には、一歩手前で相談していれば避けられたものも少なくありません。ですから、問題についてきちんとアドバイスしてくれることって、大変ためになり、助かるものですから、「自分の家族が困ったときみたいに、話をきちんと聞いてくれてる不動産屋さん」というのは、とってもありがたいですよね。でも、実際に家族でどんな感じで仕事しているんでしょうか?ちょっと気になります。

--------松本さん
現在、「父…売買 母…賃貸・管理 私…賃貸・管理・事務等 弟…売買 下の弟…事務等手伝い」となっており、家族ですので、思ったことを言いやすい環境ですね。気が付いたこと、やりたい事は、話して、相談し、すぐに実行でき、相談を受けた家族も、一緒にその問題を考えます。チラシや行動を起すなど、即実践でき、経過や結果もきちんと話せ、家族だからこそ、妥協することなく、仕事をよりよくするために話し合える点が仕事をする楽しさです。

--------編集部
いやぁ、驚きました。まさに「いつも家族で営業中」の通りなんですが、少子化や核家族のご時世、お父さんから、弟さんまで、ここまで揃うと、凄いですよね。それに、昔と違って会社に対する忠誠心とかも聞かれなくなりつつある今、「会社=家族」ですから、いい加減なことなどできないでしょうし、責任感も違ってきますよね。

そうそう、「昔と違って」といえば、ちょっと話が外れますが、わたしの好きな高円寺。松本さんからご覧になった移り変りって、どうですか?

--------松本さん
昔はお風呂の無い物件が多く、銭湯のある古い街並みが残っている場所も多かったんですが、現在では、風呂無し物件や銭湯も無くなりつつあります。最近はお店、特に若者に人気の古着屋・服屋が多くなってきました。商店街が多いので、遅くまで営業しているお店も増え、街自体が利便性も高まり、住みたいという若い方も多いですね。でも、ずっと高円寺にいたわけではなく、元々は吉祥寺で営業していました。バブル後、本当に家族だけの営業にし、高円寺にお店を移したんです。

--------編集部
住むにも、JR中央線沿線ですし、若者の人気エリアなんですよね。特に、繁華街のイメージとは裏腹に、ちょっと一本裏へ入ると、途端に静かなんです。ちなみに、吉祥寺も私が好きな街です(^-^) /・・・と、それはさておき、扱う物件にも特徴はあるんでしょうか?

--------松本さん
普通の物件も通常どおり取り扱っておりますが、自社売主物件では、少し変ったものを取り扱ったりしているんです。例えば、今まで事務所だったマンションを住居用にリフォームにしたり、中野区でははじめて、マンションの2部屋を合体させて、1部屋にする登記を、行ったりしています。それから、埼玉で販売している新所沢のRC造りの物件では、新築でできあがった物を他の業者から買取って、リフォーム販売しています。
中古住宅の買取では、家の土台が大事なので、床下に潜り建物の痛み具合や雨漏りの確認をします。建築の廃材等が床下に残っている事が多いので綺麗に取り除きリフォーム後販売しております。これまでに扱った物件一部では、九州のおじいちゃんが炭焼きをやってるので、床下に竹炭を敷き詰めた物件もあります。

--------編集部
なかなか、オリジナリティがありますね。これも家族それぞれが、自由にアイデアを出しているからこそ、できるのかも知れません!
実際の家族間の信頼関係が崩壊しているようなことがある今、家族、ひとりひとりが、責任感を持ち、プロとしての自覚を胸に連係プレーで支えあっているのは、家族のあり方としても、魅力的だと思います。ぜひ、これからも、高円寺で、「いつも家族で営業中!」でいてください!!!

■ヨシケイハウスさんで、物件取材をさせて頂きました♪   
   ⇒

■ヨシケイハウスさん、新しいHPが出来たそうです!

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/10335715

【突撃取材】いつも家族で営業中のヨシケイハウスさんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。