JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【ささやかリゾート計画】特急大掃除 | メイン | 【物件紹介】ゆとりある広さの高円寺の中古マンション編 »

企画取材 きちんとしてる大家さんは好きですか?

「手が汚れる仕事が好きなんです」
これは、日本全国、何百何千人といらっしゃる、
建築・土木・電気・工事関係など、
現場で汗だくになって働いている皆様に朗報です!

とある、大家さん業5年の女性の方から
家のタネ編集部にメールが届きました。

前回お届けした、御宿リゾートマンション計画の
エアコン工事のレポート
【ささやかリゾート計画】エアコン工事その1♪
http://report.ienotane.com/2007/10/post_65c4.html
【ささやかリゾート計画】エアコン工事その2♪
http://report.ienotane.com/2007/10/post_05db.html
を見て下さった、その女性、Sさんから、
貴重なご意見・ご感想を頂いたのです♪

「わたしは、ああいう、手が汚れる仕事が大好きなんです。
 何枚も写真が載ってて面白かった。是非、こういう現場の
 取材レポートをこれからも見せて下さい」

なんて素敵なご意見なんでしょう♪嬉しい限りです♪
喜んだ編集部ちてな、そのSさんにコンタクトを取って
ご対面してきました。

大家さん業5年目というSさんに、
大家さんて、どんなお仕事なんですか?と
素朴な疑問を抱き、お聞きしてきました。

特定の場所がわかってしまうと、賃貸業ですから
差しさわりがあると困りますので、
地域も伏せさせていただきますね。

Sさんは、もともと、親御さんがお持ちだった土地に、
親御さんと一緒にアパートを建てて、家賃収入を得ながら、
1階をSさんの自営業の事務所として使うことにしたそうです。
アパートを建てて、5年。いつもほぼ満室だそうです。

ずっとOLとして働き、頂いたお給料から
会社が税金を払ってくれていた身だったので、
自営業になって、全部自分で支払わないといけない、
しかも家賃収入を得る大家さん業となると
税金の支払い面など、めんどくさくて厄介で大変だそうです。

「建物のローンはありますから、収入が無いと払えない。
 いつも一定の収入ならいいですけど、
 退室があったり空き室が出ると収入が変動しますので、
 そのあとの税金面が増えたり減ったりするので
 そこが苦労しますね」

今までずっとご自宅暮らしで、賃貸暮らしをしたことが無いSさん。
実際に賃貸の大家さん、不動産屋さんのやりとりなどを知らなかったそうです。
ただ、「きちんとしていないと嫌」な性格のため、

「消防点検などの時も、大切なのは、不備を見つけたら、
 大事にいたらないうちに交換していくということなのです」

え?消防点検って、デパートなどの大きな施設だけかと思っていました。
Sさんの場合、アパートと事務所が同じ建物のため、行なわれるんですね。
初めて知りました。

消防点検にも、点検の資格をもった業者さんがやるのと、
消防署の人がくるのとあるらしく、
義務づけられた、提出しなければならない書類や回数など、
いろいろ細かく法規で決められていることだそうですので、
ここでは割愛しますが、

「万が一の場合、あの時ああすれば!という気の緩み、怠りが、
 住んでる皆様、近隣の方々に迷惑をかけ、勿論自分にも返ってきます。
 なにか不備があって指摘された場合、きちんと改善することが大事。
 消防点検は義務ですからね」

さすが、きちんとしている、大家さん~。
なんだか、話を聞いてて、視界がキラキラしてきました♪

Sさんのアパートは最寄り駅から歩いて10分。
割と静かな住宅街なので人気があり、
空き室が続いて困るということは無いようです。

Sさんのアパートは4階建ての、ワンルームと2LDKが
半分ずつある、鉄筋コンクリートの洋風の建物です。

「最初に建てる時に、建築士さんと不動産屋さんに、
 家賃設定は最初から高めがいいよとアドバイスされました。
 はじめに家賃を聞いて、え?!そんな高くていいの?!と
 びっくりしましたが、高い分、建物、設備を
 しっかりしたものを提供すればいいんだよと」

この言葉の意味を、わたしなりに考えてみました。
家賃が安いと、家賃が安いところにしか住めない、
長く働いていない人や、収入が安定していない人、
住居や職場を転々としている人が入居する場合があります。
住居にお金をかける余裕がないと言うことは、
逆に住居空間、建物に感謝の気持ちや愛着を持つことはなく、
自分が住まわせてもらっている、借りているという意識が低く
こんな安いボロアパートなんだから、このくらいいいだろうと、
ないがしろにして、そのまま平気でいる、
使ったもの、借りたものを綺麗にして返すという、
当たり前のことができない方が残念ながら、
中にはいるということなのかもしれません。

うちの編集長は、自分がオーナーであるマンションの
入り口エントランスのポスト付近で、ポスティングされた
広告チラシが、たまに投げ捨てられているときがあると
必ず拾ってゴミ箱に捨て、
エントランスを綺麗にするよう意識しているようです。

「マンションのエントランスは顔。顔が汚れていれば、
 住んでる人のモラルも低いとみなされ、価値も下がる」
と編集長。

一人が、床にそのままチラシを放れば、
後の人も同じように捨てる。何枚も放ってあれば、
自分も同じにしてよいと思い、どんどん床に捨てられた
チラシが増えてゆく、悪循環ですね。

ところが、誰かが一人、きちんと捨てる、
綺麗にすれば、捨てる人は出ません。
でてもいつも誰かが綺麗にするよう心がけると、
綺麗なところに、ゴミを捨てると目立つので、
罪悪感が働き人はゴミを捨てることができない。

同じようなことで、よくいわれるのは、公衆トイレですね。
最初から綺麗なトイレは、汚すと申し訳なく思い、
なるべく綺麗さを保とうとする気持ちが働きます。
ところが、最初から汚いと、汚さに不機嫌になり、
汚いんだから、このくらい汚しても良いや
という気持ちになってしまうものなのです。

最低限のマナーを守る、
モラルを持っている方に入居していただくためにも、
建物や設備がしっかりと行き届いた住居空間を提供し、
お金がかかったぶん、家賃も高く設定されてしまいますが、
頂いた家賃や敷金、更新料で、確実に古くなっていく
消耗品である建物の維持管理にあて、
少しでも長く暮らしやすい環境に整えていくわけですから、
その家賃が払える方を大家さんが選ぶことも
必要だということなんでしょうね。

Sさんは、今のところ、
退去時の敷金返却などのトラブルは無いそうです。
「ちゃんと、敷金からお返しできていますからね。
 1度、更新料を払うことに抵抗がある、住んでもいいけど、
 更新料を払わなくちゃいけないなら、更新しない、という方がいました。
 その方は、契約の時にきちんと、更新料は払うというお話しを
 させて頂きましたし、了承いただいて契約させてもらっているので、
 更新料をお支払い頂けないなら、どうぞ退室してください
 とお伝えしました」

確かに、更新料がいらない、敷金も要らないという所もあるようですが、
退室時にクリーニング代、修繕代などかかると思うんです。
先に払うか、あとでかかるかの違いだと思うんですがねえ。

「大手会社の社宅を仲介するという会社から、社宅として
 借り上げたいと申し出があったんですが、実際に入居する人の
 氏名も連絡先も教えてもらえず、保証人さえもたててこなかったので、
 断ったことがあります。おまけに、仲介会社自体の公的書類を
 出してもらえませんでした。あるのかないのかわからない会社で、
 どこの誰か名前も顔も知らない人に、住んでほしくありません」

こんなところを経由して住んだ方で、
何かトラブルがあったら、たまったもんじゃありませんね。
確かに、そんな、わけわからない怪しい人は困ります。

「不動産屋さんにお願いして、入居者を探してもらっていますが、 
 契約の時には、必ず、行って、立ち会いますよ。
 どんな方か拝見し、うちのアパートに入居するに当たって、
 いろいろとお話をさせていただきます。
 例えば、消防の点検の時に必ず指定の日に
 私も立会いで、お部屋の中を見させて頂きますから、
 そのとき、お仕事などでご不在の場合、鍵を開けて、
 私と消防が室内に入って点検をすることなど、きちんとお伝えします」

借りる人が物件を選べるのは勿論ですが、
大家さんも、勿論、倫理観において、借りる人を選びます。
これは、人と人が同じ居住空間でお互い気持ちよく暮らしていく為にも
必要不可欠なことでしょう。

「うちは比較的高い家賃設定なので、学生さんの一人暮らしはありません。
 たいてい、一人暮らし、引越しを何回か経験している、
 30代のサラリーマン、OLさん、夫婦二人暮らしの方がほとんどです。
 なので、どの方からも
 『今まで何回か引っ越してきたけど、
 今までの大家さんの中で一番きちんとしてる』と言われます。
 他所の大家さんがどうなのか、全くわかりませんが、
 きちんとしていないと、気がすまない性格なので、嬉しいです」

お会いした日、アパートの入居予定の空き室を拝見させて頂きました。

「さっき、不動産屋さんが、見せに来たみたいなんですよねえ。
 こういうときって、鍵を閉め忘れる方もいるんで、
 気をつけないと・・・・」念入りに鍵がかかっているかどうか
確認してから、鍵を開けるSさん。
きっと、こういうところが「きちんとしてる」んですね*

ワンルームのお部屋でしたが、窓が多く、夕やけが入り、
空気の流れが心地よいお部屋でした!

「各部屋窓があるんですが、どの方向からも窓が欲しかったんです。
 同じ側面に窓が並んも、同じ流れですから嫌なんです。
 部屋の中の空気が循環するよう、流れるように、
 どの壁面からも窓を入れてもらいました」

Sさん、こだわりの窓は、決して大きいものじゃないですが、
きちんと光と風を感じられる窓でした。

「なかなか決まらない部屋があったときは、
 どうして決まらないのか考えました。
 前に住んでいた人がエアコンを取り外してしまったので、
 エアコンが無かったからだと気が付き、エアコンを付けました。
 そうしたら、すぐ決まりました。
 キッチンは、まな板を置けるちょっとしたスペースを入れて、
 調理しやすいように工夫しました。コンロは、最初、
 電気コンロだったんですが、結構安かったので最近、IHに変えました。
 住んでる人にも喜ばれました。自分が住むんだったら、
 コレは嫌だなとか不便な点は、なるべくなくすようにしてます」

キッチンは、一見カウンターキッチン風で、
一人暮らしでも、夫婦二人暮らしでも、使い勝手が良さそうです。

「特に女性の方からは人気ありますね。1度入居した方が、
 どうしても転勤で引っ越さなければならなくて、
 凄く気に入っていたからと残念がられて、嬉しかったですよ」

部屋を出るときに、点検していくSさん。
「あー!誰かトイレ使ったなー!」
トイレからSさんの悲痛な叫びが・・・。

みると、洋式トイレの便座が上がっていて、
「消毒済み」の透明の紙が落ちています。

「む~~ん。不動産屋さんだなあ。
 不動産屋さんが、部屋を見せに連れてきて、
 帰りにトイレしていくんですよねえ。せっかく消毒したのに~!」
うら若き乙女のSさん。残念そうに、再度水を流し、
ふたを閉め、消毒済みの紙を元に戻していました。
気持ちは、わかるような気がします。
綺麗にしてあるんだから、使って欲しくないですよね。
というか、使ったら、元に戻しましょう!
特に便座のふたが上がってると一目でわかりますよ・笑
(後日談ですが、Sさんは、わたしをお見送りしたあとに
 再度お部屋に戻って、トイレクイックルで掃除されたそうです。
「消毒済」というのがうそにならないように!
 さすが、「きちんとして」らっしゃる!(涙))

「それにしても、大家さんって、なにもしないで、
 家賃収入だけで生活できて、楽ちんでいいねえ~って
 言われたりしますが、実は結構大変なんですよ~」とSさんは苦笑い。

「大家さんという仕事ははじめてで、
 ちゃんとしているかどうかは自分ではよくわからないのですが、
 うちのアパートも5年経ってるので、
 これからどんどん、いろいろとお金がかかっていくと思います。
 住んでいる皆さんのためにも、ひとつひとつ、
 きちんと目をかけ、手をかけていきたいです」

大家さん業5年目のSさん、なんとも頼もしいお言葉です☆
そんなことを言ってくれる大家さんって、回りにいたかしら?
このレポートの題名でもある、
「きちんとしてる大家さんは好きですか?」
答えは「はい、大好きで~す♪」
こんな大家さんの物件だったら、喜んで綺麗に使いますよ♪

Sさん、とっても貴重なお話しを、どうもありがとうございました☆
これからも、大家さん業、がんばってください!(^0^)/☆

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/10664481

企画取材 きちんとしてる大家さんは好きですか?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。