JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月

【話題の現場】六本木の名物オブジェ

東京で有名なのは、新宿、渋谷、銀座かと思ってましたが、
最近では、やはり、六本木なんでしょうか?
昨年、秋に東京港区六本木にギャラリー取材に行ったのが、
初めての六本木上陸でございました。
訪れたのはGALLERY TOKYO BAMBOOさん
1970年代に建てられたフォトスタジオを改装されたギャラリーで、
とっても広くて綺麗な天井が高いギャラリーさんです。
お隣がすぐ、乃木坂スタジオでした。

さてさて、田舎から上京してきた身にとって、六本木といえば、
外国人が多い、大使館が多い、企業が多い、森ビルがある、
そして、六本木ヒルズ!くらいの情報しか知りませんでしたので、
自分には縁がないと思っていた六本木にギャラリー取材で来るとは、
自分でも驚きです。とりあえず、六本木に無事辿り着けるか。
問題はここです。地下鉄大の苦手の編集部・ちてな。
怒涛の1日が始まりました。

まずは、
「永田町」で、半蔵門線に乗り換える
→「青山一丁目」で、都営大江戸線に乗り換える
→六本木へと移動。

普段地下鉄を使わない、東京いつまでたっても初心者にとって、
青山一丁目の都営大江戸線に乗り換えるのは、少し戸惑いました。

六本木駅ついてからが、さらにひどい。
いったい、いつまでエレベーターあがればいいんだと不安になる。
トイレを探して、トイレマークがあるからずっと上がって行ったのに、
結局出口になってしまい、なぜか、建物がつながっている、
東京ミッドタウンに入り込んでしまいました。

東京ミッドタウンとはなんでしょう?
地下鉄、都営大江戸線の六本木駅8番出口と直結。
地下鉄、東京メトロ日比谷線の六本木駅と地下通路で直結している、
2007年3月にオープンした、10ヘクタールもの広大な土地に、
緑地とオープンスペース、オフィス、商業施設、賃貸住宅、ホテル、
デザイン関連施設、メディカルセンター、ホール&カンファレンスからなる
新しいスタイルの大型複合都市だそうです。もともとは、東京都港区六本木の
旧防衛庁跡地と港区赤坂9丁目再開発計画により誕生した
複合施設及びその地域一帯なんだそうです。

シンボルとなるミッドタウン・タワーは、地下5階・地上54階・高さ248mと、
六本木ヒルズ森タワーだけでなく、東京都庁舎第一庁舎をも追い抜き、
都内で最も高い超高層ビル。
ミッドタウン・タワー最上層にある、ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」や
赤坂から移転した「サントリー美術館」が注目施設で、他にもいろんなお店や
施設があり、人気だそうです。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


さて、田舎者が、東京ミッドタウンにそろそろと舞い込んで
一番最初に見つけたのが、おもろいオブジェでございます。
暢気に写真なぞ撮ってみました。(ちゃんとカウンターの方に許可撮ったよ)

なんだ、これ!おもしろすぎる~!わくわくで近づきますw

そら豆が空を見上げている?!

おお~☆なかなか素敵ですぞw

お子様もたくさん群がってました。この穴が面白い!

六本木の中心に、そら豆がある!斬新な発想ですな~*
いやあ、このオブジェ、面白かったです~♪
おっと、いかんいかんと、トイレを探す。トイレでしばし並ぶ。
やっぱ、土日に繁華街は寄ってはいけませんね。
女性トイレは待ち時間必須です。覚悟が必要ですね。

そとに出るのにもかなり迷いました。ようやく駅の出口に戻り、
果たして、今いるこの出口でいいのかさらに迷う。
上がってから、なぜか、日比谷線のほうに行ってしまい、
そんな自分にいらいらしながら戻る。
六本木なんて、六本木で下りるのも、ギャラリー見るのも初体験!
無事着くんかいな・・と焦りながらも、なんとか、地図を確認して
太い道路に行くが、途中またオブジェ見つけて、撮ってみました。(暢気*)
カップルとか結構撮ってたましたね。わかる気がするw

このあと、無事にギャラリーに辿り着き、取材できましたが、
いや~東京の、六本木のミッドタウンの入り口と
目玉の面白いオブジェが見れただけで充分ですw

・・・え?ところで、中に入らないのかって?
多分、興奮して鼻血が出ちゃうと思うので、
もう少し落ち着いたら、いつかまた・・・
(小心者なのです。苦笑;。)