JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 家づくりのプロが語るFPの家の特徴 | メイン | 【突撃取材】東京・富ヶ谷 e-bukken.comさん »

【突撃取材】倉敷から、株式会社CSクオリティさん

第5回になりました、不動産屋さん、業者さんを取材する「突撃取材レポート」。今回は、岡山県倉敷市にある、不動産のコンサルティングアドバイザー
「株式会社 CSクオリティ」代表の森田雅之さんからお話を伺います。
実は、今回から趣向を変えまして、事前にアンケートにご回答頂き、そのお答えをもとに、取材させて頂きます。森田さん、どうぞ宜しくお願いいたします。

--------株式会社 CSクオリティ・森田雅之さん(以下、森田さん)
「株式会社 CSクオリティ」は、不動産のコンサルティングアドバイザーとして、従来の売買仲介から、不動産コンサルティング・不動産投資顧問業サービスまで幅広くお客様のサポートをさせて頂きます。不動産投資顧問業登録も行っていますので、質の高い投資助言サービスが特徴です。

--------編集部
会社名の「CSクオリティ」というのは、どういう由来でつけられたのでしょうか?

--------森田さん
不動産の仕事に携わる上で、常に私が最も大切にしたいと思っているものを組み合わせました。「CS」は、「顧客満足(の実現)」。「クオリティ」は「提供させていただくサービスの質(にこだわりたい)」です。

--------編集部
不動産屋さんだと、どうしても住宅の賃貸、販売に力を入れるところが大きく、物件が先にありき、で、サービスはあとから・・・という傾向が大きいような気がします。その中で、サービスの質にこだわりたいとお考えの会社があるというのは心強いです。そもそも、どういったいきさつで、不動産業で働くようになったのですか?

--------森田さん
学生時代、就職活動で面接をして頂いた帰路、電車の窓からマンションの明かりを見たんです。結構世帯数の多いものでした。
その明かりを見たときに、何となく、「あの明かりの数だけ人生があり、あそこでもいろんな人が、いろんな人生を送っているんだろうなぁ」と思ったんです。
何故、そのように思ったかはよくわかりませんが・・・。
このときが、人が人生を過ごすステージとも言える「住」に関する仕事に携わりたいと思った瞬間でした。その日以降は、面接も不動産、住宅関連のみに絞って活動しました。

--------編集部
う~ん!素敵ですね!わたしも、みたことあります!皆さんもきっと目にしたことがある光景じゃないでしょうか。でもそこで、実際の、明かりを提供する側として、不動産の仕事をしようと思うところが凄いですね。それからは、どこかで修行などされたのですか?

--------森田さん
東京の会社だったんですが、大変に多忙でありました。
仕事をこなす上で、身につけなければならないことも多く、しかもスピードが要求されていましたので、死に物狂いで頑張ったように記憶しています。
ただ、出張の多い会社でしたので、先輩、同僚、後輩と寝食を共にする機会が多く、今となっては楽しい思い出です。
特に記憶に残っているのは、売れ残りマンションの販売活動のために、一か月ホテルに泊まりこんだのですが、当時の上司が「心で売る共感のセールス」と仰ってくれたんです。この言葉は、今でも忘れられません。

--------編集部
心で売る共感のセールス。素晴らしいお言葉ですね!
わたしたち、一般人からしますと、建ってしまった後に、新聞の広告や、電柱に掲げてある広告で「残り3室!」などとでていると、ちょっと疑ってみてしまうんですね。なんで売れ残ったんだろう?キャンセルがでたのかな?日当たりが悪いんじゃないか?売れ残ってるだけで、マイナス目線で見てしまいがちです。不動産屋さんが影でこんなに大変なご苦労をされているというのを今回初めて知りました。

--------森田さん
その後、26歳のときに、独立しよう、会社を興そうと思いました。全てを主体的に、判断し、行動したかったし、良いことも、悪いことも自己責任100%で生きて行きたかったからです。

--------編集部
森田さんが、最も大切にしたいと思っている、「顧客の満足」 「提供させていただくサービスの質」というのが、上司の方の「心で売る共感のセールス」のお話を聞いて繋がった気がしました。今の時代、便利すぎて、自分で調べて考えて判断して行動する、というのは、とても難しいような気がします。その原動力がそのまま会社立ち上げになったんですね。

--------森田さん
会社での、私自身、社員に対しての教育、接し方というのは、自分が新入社員だった時のことを忘れず、謙虚に育てる。焦らず社員の成長を時には促し、時には待つ。社員を信じる。これらを心がけています。おかげさまで、社員同士、上辺の付き合いではなく、本音で何でも言い合えるアットホームな雰囲気です。

--------編集部
おお~。よく、部下の意見を聞かないワンマン社長や、報告書、売り上げ重視で社員をかえりみない、タッチしない社長さんの話しを聞いたことありますが、こんなふうに言ってもらえたら、社員の皆さんとしては凄く嬉しいでしょうね!

--------森田さん
CSクオリティの特徴としましては、お客様のお世話をさせていただくとき、必ず複数のスタッフで連携して対応しています。従来の不動産業者でありがちな社内での顧客の取り合い、情報を隠すということはありません。全員の利害が一致しているため、スタッフ全員で協力しあい、一枚岩になり易いのです。
倉敷は、地方都市ということもあり、人と人との付き合いが重視されていますので、町内会への参加など地域とかかわりあいも持つようにしています。

--------編集部
倉敷・・・高校の修学旅行で行きました!それにしても、不動産相談でも、担当が嫌な人で・・・という場合が多いです。こちらから、担当を選べるわけではないし、最初はいい人だと思っていたのにあとから、態度が変った、やることがルーズ、言ってることとやってることが違うなど、「担当者がとんでもない」=「その不動産屋さんは信じられない」になるケースが多いです。

でも、よくよく相談を聞いてみると、お客様も言葉が足りなかったり、些細な勘違い、確認不足、互いの話し合い、すりあわせがきちんとなっていなかったなど、未然に防げる兆候は多々あるんですね。
担当者とお客様一対一ではなく、担当の方が数人いることで、その中で連携が取れていれば、一人では気付けなかったことも、他の誰かが気付くこともあるでしょうから、これを逃すとノルマが・・・と必死で卑屈になって誰にも相談できなくて、一人抱え込んで事態を悪化させる、困った社員さんもいないとなれば、そのシステムは素晴らしいなあと思います!

--------森田さん
不動産業者というのは、会社や自分達の都合ではなく、依頼者の利益のために、プロとして親身に、きちんと対応することが求められると思います。そして、一般のお客様は、本当に信頼できる業者を見つけ、その業者に自分の意向をしっかりと伝え、何事もとにかく「話す」こと。これが重要だと思います。

--------編集部
う~ん!その通りだと思います!なんか嬉しいです!
不動産相談でも、「物件はとても気に入っているから解約したくない。でも、業者が信用できない」という相談が多いんです。
そんなとき、「物件ではなく、信頼できる業者かどうかを見てください。あなたのことを考えてきちんと動いてくれるかどうかを重要視してください」と伝えています。皆さん、意外と置いてきてしまいがちなんだと思うんです。

これは、多分、不動産屋さんを、警察や裁判官までは行かないまでも、かなりの効力を持っている専門職の方だと思っている所があって、高額を払うからこそ、行き届いた仕事をしてくれるものだと、過信して委ねてしまっている部分もあるんだと思うんです。でもやっぱり、わかるように、相手に伝わるように話さないことには、何事も、はじまりませんよね。

--------森田さん
私が起業するきっかけの一つにもなった事であり、不動産業界を愛すればこそ、改善すべきだと常日頃感じていることがあります。
我が国の不動産業界の社会的評価は、海外と比べても、著しく低いと言わざるを得ません。これは、扱う額が高額であるにも関わらず、扱う側の質的な問題があるからだと推察します。

不動産取引に携わる者の要件(プロとしての知識要件等)をもっと厳しくした方がよいのではないかと思います。たとえば、取引主任の問題、「5人に1人」ということは他の4人は資格がなくても高額な売買ができてしまうということなんです。少なくとも私が、依頼者の立場に立った時、支払う報酬が同じであれば、「無資格者」から購入したいとは、思いません。

無資格者は、あくまでも営業補助的な仕事をしながら、「プロ」になる努力を重ねて頂き、資格取得の後、実際の取引の場で活躍して頂きたい。そして、少しでも多くの会社が、取引の主体はお客様なのだということを、謙虚に見つめ、実践していけば、我が国の不動産業界の評価も上がっていくと思います。

--------編集部
宅地建物取引主任者のことでしょうか?あまり考えたことがありませんでした。そういえば、以前、事務所を購入する時の重要事項説明で、担当の方が作った書類があまりに間違いが多く、上司(有資格者)が呆れ嘆いて注意していました。たくさん訂正印がついてしまったので、書類を作り直しますと言われたんですが、これもいい記念にと、そのまま頂戴しました。
でもそうですね、重要な決済までの間を、担当者の方と話を進めている間、わたしたち一般のお客側としては、資格があろうが、なかろうが関係なく「同じ不動産屋さん」だと思っているので、同じだけ責任もあり、同じだけ権限もあるから、同じように任せて安心と思ってしまっています。ちょっと盲点でしたね。

--------森田さん
それから、多くの企業が会社側の理屈で営業担当者を決めてしまっているように思います。本来、各営業担当者のプロフィール、保有資格などをオープンにし消費者が自分の担当者を選べるようにしたほうが、依頼者の利益、安全性の確保には、有効ではないでしょうか?

不動産は高額な資産であり、一般の消費者は不動産取引を日常的に繰り返すものではありません。よって、業者と消費者の間にある経験格差、情報格差、知識格差は非常に大きく、依頼者、消費者の安全と利益の確保の為には、依頼者自身が、担当者を選べる様にすべきではないかと考えます。

--------編集部
うーん。なるほど~。確かに。わたしも不動産屋さんのサイトをたくさん拝見していますが、「いったい、どんな人がやっているんだろう?」という部分は見えないサイトが多いです。やはり「人ありき」だと思っているので、少しでも、その人らしさが見える部分があるとほっとしたりします。
ただ、不動産屋さんのプロフィールや実績だけを見て、選べるかと言ったら、難しいかもしれません。面と向ってみたら、単純に、あう・あわない、こともあるでしょうし、方向性が違うという場合もあるかもしれません。でも、それらがあるほうが、安心という方もいるかもしれません。

よく海外では、自分の専属の弁護士を必ず一人は見つけて契約すべきと聞きましたが、これらは、これからお家を建てよう、買おう、売ろう、借りたい、貸したい、それぞれの場合において、ある程度の「ここだけは譲れない」 「こういう人と一緒に創っていきたい」などの、明確な考えを持っていないと難しいかもしれませんね。お互いの責任と義務をきちんと果たせるような。お客さん側の、モラルというのも大事になってきますね。今まで、あまり考えたことが無かったので、勉強になります、ありがとうございます!

--------森田さん
今まで、いろんなサイトへ登録をさせていただきましたが、御社のような取り組みをされているところは私にとっては、初めてでした。
随分と、好き勝手なことを話してきましたが、私自身、業界が少しでも質的向上を遂げるために貢献できたらと思っています。思いあがりと言われてしまえば、それまでですが、何らかの貢献をしたいと切に希望します。

--------編集部
嬉しいです、ありがとうございます!最後に、今までのお仕事や人生を振り返ってみて、ポリシー、教訓などございますか?また、森田さんにとって、不動産のお仕事とは何ですか?

--------森田さん
「恩は一生」。自分の大切な人々が幸せなら、自分は幸せ、
よって自分のことは後回しで良い。これがわたしの教訓、ポリシーです。
いつの日か、誰かに社長を任せるときが来るでしょう。
そのときは、是非、私の「心」を託したい。
不動産の仕事とは、私を信じて下さったお客様に、仕事を通じて感謝の心を示す手段であり、社会に貢献するための、そして自分自身が生きていく上で必要な、糧を得る手段であります。

お客様に満足して頂けるような質のいいサービスをご提供する。
当社の理念を忘れず、お客様を敬い、プロとして常に進化・発展していくことを
これからも続けていきたいと思っています。
 
--------編集部
最後の、森田さんにとって不動産のお仕事とは・・・の、お話しでは、じんときてしまいました。これって、どんな職種でもあてはまるのかもしれません!

人の一生の明かりは点いたり消えたり日々繰り返す中で、人から頂いた、暖かい気持ちの灯火は、どんな暗闇の中でも、瞼を閉じても、消えることが無いのかもしれません。なんだか、明日も頑張ろう!と、ほろっとしてしまいました。

株式会社 CSクオリティの森田雅之さん、このたびは、お忙しい中、どうもありがとうございました!これからも、森田さんはじめ、スタッフ皆さん、ひとつになって頑張ってくださいね☆

●株式会社 CSクオリティさんのサイト

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/12111586

【突撃取材】倉敷から、株式会社CSクオリティさんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。