JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【突撃取材】倉敷から、株式会社CSクオリティさん | メイン | 【突撃取材】佐賀の不動産のトータクさん »

【突撃取材】東京・富ヶ谷 e-bukken.comさん

第6回になりました、不動産屋さん、業者さんを取材する「突撃取材レポート」。今回は、インターネット専門のお仕事をしながら、不動産業も取り組んでいる、
e-bukken.comさん(鎌倉忍さん・近田恵美さん)です。わたし共、サーバーやブログなどで、大変お世話になってまして、Fudosan.JP、家のタネ、にこにこネット、クラフト縁。全部、ブログはDCNさんを使わせて頂いています♪DCNさんのおかげでサイト運営が円滑にスムーズに成り立っていまして、ありがたいことこの上無しです☆ 不動産屋さんが、インターネットを駆使して、物件の宣伝をしたり、ネットオークションをしたり・・・というのは、わかりますが、その逆とは、果たして、どういうことなのでしょうか。早速、お話しを、伺ってみましょう!

--------編集部
ホスティングサービス、DCNドメイン取得サービスなど、インターネットサービス事業を展開されているDCNさん。不動産屋さん(e-bukken.com)と、インターネット(DCN)、どちらのお仕事が先だったのでしょうか。どのような経緯で、この二つのお仕事をやっていこうとお考えになったのですか?

--------e-bukken.com・鎌倉忍さん(以下、鎌倉さん)
実家が長野県で不動産業を長く営んでいるので、子供の頃から、なんとなく跡を継ぐのだろうと考えていました。しかし、実際には、親もまだ元気でピンピンしていますし、平成不況の真っ最中だった当時の田舎では広告を出しても問い合わせの電話もなかなか入らず、毎日がお客様をただ待っている的な仕事ばかりでした(笑)

--------編集部
鎌倉さんは、長野のご出身で、ご実家も不動産屋さんだったんですね!生まれたときから不動産屋さんだったとは、知りませんでした~!

--------鎌倉さん
丁度その頃実験的に趣味の仲間内で進めていたプロバイダーの真似事のようなプロジェクトが案外地域の人々に好評だったので、自分で会社を始めるに至りました。(1997年終わり頃から) それでも田舎の景気には変わりがなかったので、しばらくして限界を感じ、会社の本社を東京に移し、新たにそれまで田舎では受注できなかった様々なビジネスにチャレンジすることになりました。

しかし、東京で自分が不動産物件を借りる立場になった時に、不動産屋さんとのやりとりがもっとインターネット寄りになってくれると良いのになと感じたのです。いわゆるネット業界的な仕事をしていると、昼夜を問わず活動していることが多いのですが、不動産屋さんには、昼間電話をしたり、お店に行ったりしないとコンタクトすら取れませんよね。
そして、ようやく時間に都合をつけてコンタクトが取れて物件探しを始めたとしても、我々が仕事を済ませて眠りについた頃、午前の早い時間帯に不動産屋さんから電話がかかってきて起こされてしまったりもするんです(笑)

--------編集部
わかります。うちの編集長なんかも、完全に夜型生活で、早朝から寝るので、午前中に電話が来たりすると、もう眠れないんですよね。平日昼間に何度も行かなくちゃいけないとか、結構辛いものがあるんです。

--------鎌倉さん
そうなんです。同じように困っている人も居るんじゃないか!?メールで全て話が済んだら喜ばれるんじゃないか!?と思い立ち、新たに会社を設立し、業者の免許も取得して、主にネットだけで活動する不動産仲介業を始めました。

24時間365日営業中の不動産のコンビニ。不動産に関するニーズとインターネットをもっと強く結びつける為に、インターネットサービスプロバイダを運営するスタッフが中心となり、今までにない新しいスタイルを目指しています。
お部屋探しも、お家でゆっくりでき、24時間対応なので時間を束縛されません。メールですので、本業の合間に打ち合わせが可能です。インターネットのプロであり、宅地建物取引主任者が直接メールで御返信致します。

--------編集部
それで、「不動産のコンビニ e-bukken.com」という名前なんですね。夜でもメールで問い合わせができる、24時間365日営業中の不動産屋さんって、画期的です!しかも、宅地建物取引主任者の方から直接メールを頂けるというのも、嬉しいです。24時間対応ということで、お客様から喜ばれたことも多いのではないですか?

--------鎌倉さん
実際には、夜中は他の不動産屋さんがやっていらっしゃらないので、空き状況が分かりませんし、電気がつかない物件が多い為、内見などもできませんので、御客様への聞き取りや御相談のご返信を主にやっています。それでもメールで話が済むことは、お忙しい方には、とても気に入って頂いているポイントになっているかと思います。

--------e-bukken.com・近田恵美さん(以下、近田さん)
御客様から頂いたご感想で多いのは、北国や地方から東京に引っ越すのに、仕事と距離の都合上、何度も物件見学する時間がとれない。それでも、立地も良く、キッチンが広くて、スーパーも駅も近くて、駐車場付き物件がよくて……などの、ご希望を、ひとつひとつお聞きし、頂いた条件に沿う選び抜いた物件をご紹介していますので、『契約の際も色々なご相談にのって頂き、アドバイスも頂き、物件検索からアフターケアまで本当に頼りになりました』 『何度も引越しをしていますが、こんなに親切な不動産屋さんはなかなか無いと思います』…など、皆さんに、喜んでいただいています。

中でも、女性の一人暮らしということで、以前、別の不動産屋さんで素っ気無い対応をされたという方から、『最後まで、ご丁寧なご対応ありがとうございました。とても親切にして下さったので、安心して利用できました』と、とても満足して頂けたので、私共もたいへん、嬉しく思っています。
また、海外からお帰りになる前に御連絡頂くケースもあります。今はバングラディッシュへ青年海外協力隊で行っている友人の家を探しております。

--------編集部
どんな家に住みたいか、どんな暮らしをしたいか。メールできちんとお客様のご希望やご意見をじっくり伺う、聞き出して整理する、ご不安に思ってるところや心配な部分も、予めお聞きしたり、その都度確認してゆく。最後まで丁寧なメール対応があったから、満足度もひとしおなのでしょうね。
一緒にお仕事をされている、近田恵美さんは、DCNさん(サーバーサービス)と、不動産業のほうと、どちらのお仕事が先だったんですか?

--------近田さん
私の場合はDCNで仕事を始めたわけですが、e-bukken.comというドメイン名を持っていることは始めから聞いていました。そして、鎌倉の両親も、鎌倉自身も宅建を持っていると知って、負けず嫌いなものですから、チャレンジしてみようかと(笑)宅建をとったらとったで寝かしておくのも勿体ないですから、不動産屋さん始めちゃおうかとトントン拍子に話だけは決まりました。

インターネットは新しい文化ですから、もしかしたら10年後には別の文化に取って代わって消えているかも知れない。そう考えると、同時に不動産屋さんという歴史のある業種もやらせて頂いているのは女性として安心感になっているような気がします。

--------編集部
インターネットのお仕事と、不動産のお仕事、両方に特化している会社というのも、凄いなと思いますし、ご夫婦で同じ仕事をしているというのも、素敵だなあと思います。たまにメールでご質問やお問い合わせをすると、ご丁寧なメールが素早く返ってきて、びっくりします。「なにか違うな」と、感じるものがありました。「不動産のコンビニ e-bukken.com」の特徴はやはり、インターネットとメールということでしょうか?

--------近田さん
一番使っている会話手段がメールであるという点が最大の特徴ですね。社内の会話も、隣りに座っていても先ずメールなんです。
メールでもしっかり心は通じますから、これからステキなメール文化が定着してくれると嬉しいですね。少しでも快適なメールコミュニケーションにお役立て頂ければとDCNでは 『メールの学校』 ( http://school.dcnblog.jp/ )というブログを公開しています。メールを1つの道具として、生活に活かして頂けたら。その使い道としてのインターネットの不動産屋さんが我々であったらと思います。

--------編集部
昔、不動産屋さんに物件の問い合わせメールをしたことがありましたが、全く返事がこなかったことがありましたし、なんだか的外れなメールが返ってきたこともありました。今思えば、お互いに一方通行で終わってしまった。このように、「不動産屋さんはメールしてもレスポンスが悪い」「実際に行かないと相手にしてくれない」という流れがまだあるかもしれません。実際にお会いしたり電話で話せば、とても感じが良かったりすることもあるので、勿体無く思いますね。

わかりにくい、信用できない、ではなく、メールというツールを使うことで、新しい繋がりに出会うことができる、実際にお会いしてお話しているような、きめ細かいメール対応をして下さる、そんな不動産屋さんが、e-bukken.comさんなんですね。

--------鎌倉さん
インターネットというのは色々な分散的システムにより支えられており、現在に至っても奇跡的に様々な人々の善意で成り立っているという側面があります。今ではインターネットを利用する人は現代に生きる人々にとって生活の一部ですし、インターネットに依存して商売をなさる方も多くなりました。インターネットにはそういう弱い面もあるんだという事を理解しつつ利用して下さる方が少しでも増えれば良いなと思っています。

インターネットサービスは、インフラとして、水道・ガス・電気と並んで今後益々、我々の生活に欠かせないものになっていくと思うのですが、やはりいつでも縁の下の力持ちなんですよね。しかし、その縁の下の力持ち的な仕事に徹する事ができる事も我々の強みなので、今後も特徴を活かしたサービスの提供を続けていきたいと考えています。
「不動産屋さん」も「ネット屋さん」も、どちらも同じように少しでも利用して頂けるお客様のお役に立てたら良いなと考えています。

--------編集部
確かに、サーバーやドメインと言われても、目に見えるものじゃないので、動かなくなったり不具合がおきて初めて、不便で困る、復旧されてやっと、普通に使えることの、ありがたさを実感する。まさに縁の下の力持ちですよね。DCNさんでは、希望の環境をご提供して頂ける。e-bukken.comさんでは、幾多とある物件の中から、希望に合った物件をご紹介頂ける。
「当たり前」ではなくて、依頼する立場として、自分自身も、相手の不動産屋さんも、気持ちの良いやり取りができるよう心がけられたら、トラブルも少なくなるんだろうなと感じました。
最後に、鎌倉さん、近田さん、今後の抱負など、お聞かせ下さい。

--------鎌倉さん
まだまだインターネットを自宅でフル活用なさる方は少ないですが、お引っ越しと同時に快適なインターネット環境をお作りするようなビジネスも今後作っていけたらと思っています。

--------近田さん
e-bukken.comでは、FAXもパソコンにメールとして届くようにしているのですが、不動産屋さんの仕事では印刷物やFAX等、紙の利用が多いですよね。エコロジーな不動産屋さんという観点にも注目していけたらと思っています。

--------鎌倉さん
サイトにも書いてありますが、e-bukken.comは、首都高速“富ヶ谷出入口”開通に先駆け、愛する富ヶ谷暮らしを応援しています。富ヶ谷は、日本のインターネット発祥の地とも言える、IT業界では隠れた名所で、今でも、いわゆる老舗インターネット企業が多く点在しています。
渋谷や新宿、六本木などへのアクセスも良いので、活動的な方が多く住んでいらっしゃるのも特徴です。商店街がきちんと残っていたり、御近所さんと交流できたり、渋谷区とは思えない毎日がおくれるオススメのエリアです。これからはますます車でのアクセスも良くなりますし、注目して頂きたいですね。

--------編集部
鎌倉さん、近田さんは、年齢的に、編集部(30代後半)より若い、20代~30代なんです。思えば、わたし自身は2004年から、編集長はその前からお世話になってるんですよね。わたしは、メールの書き方も、インターネットも何もわからず、右を見ても左を見ても初めてのことだらけで1日1日が、ほんとうに緊張の連続でしたが、今回、このような形で、e-bukken.comさんのご紹介、取材ができて、嬉しく思います!同時に、どんどん、自分より年下の若い世代の方たちが活躍されてるのを見ると、嬉しくもあり、自分もガンバらなくちゃ~!と、刺激になります☆

--------近田さん
若いといえば、今年入社した新人が19歳なんです。最後の昭和生まれが居る学年で、同級生には平成生まれも居るとのこと…。焦りながら、平均年齢が下がって喜んでます。最近では、インターネットが縁で、このような執筆
http://myhome-sodan.blog.so-net.ne.jp/2007-12-25 )もさせて頂くようになりました。時代の変化をひしひしと感じます。まだまだ頑張りますので、今後とも、宜しくお願い致します。

--------編集部
よく、「メールだけでは、人となりがわからない」という声を聞きます。実際、誤解を招いたりショックを受けたり、メール上でのすれ違いも多くありません。けれども、メールでもある程度、人柄がわかるのではないかと感じます。「メールだからこそ、(相手が見えないからこそ)相手にわかりやすく伝わるように、相手のことを考えたメールを書く」ことに重点を置く。意外に、このようなメールが書ける、メールで意思の疎通がはかれる、というのは、なかなか難しいと思うんです。でも、きちんと書いて下さった場合、読み手に伝わるものがありますし、そこに気持ちは出ているものだと思います。

e-bukken.comさんのメール対応には、「向こうにいる人が見える」「きちんと会話のキャッチボールができる」「人と人とのコミュニケーションを大事にされている」のが伝わります。e-bukken.comさん、そして、DCNさん。これからも、素敵で快適なインターネットサポートのお仕事と、メールに特化した、24時間365日営業の不動産屋さんとして、ご活躍応援しています!このたびは、どうもありがとうございました!

e-bukken.com
http://www.e-bukken.com/
東京都渋谷区富ヶ谷2-6-1 1F 
03-5790-7500(代表) FAX 03-5790-7520
24時間365日営業 ご予約無くご来店の場合は10:00~18:00
店頭業務のみ土曜・日曜・祝日及び深夜早朝は予約制

ディーシーエヌ 株式会社 http://www.dcn.jp

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/12154500

【突撃取材】東京・富ヶ谷 e-bukken.comさんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。