JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【突撃取材】東京・富ヶ谷 e-bukken.comさん | メイン | 【突撃取材】神奈川の司法書士長谷川純平事務所さん »

【突撃取材】佐賀の不動産のトータクさん

第7回になりました、不動産屋さん、業者さんを取材する「突撃取材レポート」。今回は、九州佐賀県の田舎暮らし物件を提供している、「不動産のトータク」の森泰秀さんより、お話を伺います!佐賀といえば、”佐賀のがばいばあちゃん”が有名ですが、どんなお話が聞けますでしょうか、楽しみです!

--------編集部
宜しくお願いいたします。早速ですが、トータクさんは、会社名の由来はなんですか?もともと、どうして、不動産屋さんをやることになったのですか?

--------不動産のトータク・森泰秀さん(以下、森さん)
東から開拓していくと言う意味で、開業当初は東拓不動産と言う屋号でした。後に、カタカナのトータクに変更しました。昭和60年頃の日本の好景気の時代、私は焼肉店を経営していました。当時、いわゆるバブルの時代の1億総不動産屋と言われる頃で、私の周りの不動産売買に関わった人々が景気のいい話をしていまして、その話を聞いて、この業界に興味を持ったのが、きっかけです。

--------編集部
焼肉屋さんを経営していたのが、不動産屋さんですか?焼肉屋さんって、東京では有名人、芸能人がよく運営していて、儲かるというイメージがありますが、焼肉屋さんより、不動産屋さんのほうがいいと思われた、ということですか?それにしても随分、思い切りましたね?

--------森さん
東京のような大都市では、焼肉店は儲かるというイメージなのかもしれませんが、実際は地方での商売は大変でしたし、その時代はそんなに焼肉店はブームではありませんでした。不動産バブルの時代真っ只中で、焼肉店よりも不動産業のほうが面白そうと思ったんです。今思えば、本当に唐突に転業しましたね。無計画のようですが焼肉店をやめてから勉強、準備をしました。

--------編集部
焼肉の煙から、不動産ですかあ。なかなか面白いですねえ。でも実際は大変だったんじゃないでしょうか?どこかの不動産屋さんで修行などされたんでしょうか?ご苦労などありましたか?

--------森さん
佐賀市内の不動産業者で3年間勤めました。いろんな人々との良き出会いがありまして、好景気時代でしたので収入的にも良くて楽しい時代でした。
でも、初めての業界でしたから、専門的な事が多く、何も判らない事ばかりで大変だったです。
特に、佐賀県は農地が多く案件の50%位が農地を手掛けていましたので、宅地に農地転用が必要な為に、転用に手間と時間がかかり、地主との交渉、農業委員会との打ち合わせ、県との交渉等で大変苦労しました。

--------編集部
農地。東京ではあまり想像つきません。地方ならではでしょうか。やはり、それなりに、そしてそれ以上に難しかったんですね。森さんは、その後、独立されたんですよね?

--------森さん
そうです。独立しようと思ったのは38歳位です。好景気の業種と思いましたし、私は佐賀生まれの佐賀育ちで、佐賀から出て仕事をした事が無いんです。
佐賀は、自然が多く田舎暮らしには最適です。この生まれ育った自然豊かな土地で、この佐賀の良さを皆様にわかってもらう、お勧めしていこうと思いました。

--------編集部
自然豊かな佐賀で田舎暮らし?すみません、東京にいる自分にとっては、佐賀の自然がよくわからないのですが、佐賀で有名なものなど、いくつか教えて頂けないでしょうか。

--------森さん
佐賀は日本最大級の環濠集落遺跡の吉野ヶ里や有田、伊万里、唐津での窯元めぐり、武雄、嬉野といった温泉もあります。唐津市は玄界灘に面し沈む夕日や雄大な自然美が最高です。豊かで風光明媚な自然に恵まれ、近年では島田洋七の大ベストセラー佐賀のがばいばあちゃんが有名ですね。

--------編集部
そうだったんですね、ごめんなさい。佐賀というと、明太子の博多(福岡)や、湯布院温泉(大分)、石畳のオランダ坂(長崎)と比べると、九州の中でも、地味な印象だと思い込んでいました。

--------森さん
佐賀は、海、山、温泉といった自然が多く、古き良き時代のお隣どうしの助け合いの慣習が今も残っている県です。佐賀は何にもない県というイメージがありますが、何にもない以上に、自然が豊かだと思います。
当店は田舎暮らし向き物件を主に扱い、事務所も田舎の山手に置いています。佐賀市内を見渡す事が出来る、自然いっぱいに囲まれた環境です。おかげさまで、県外からの、田舎暮らしをご希望するお客様が多いです。

--------編集部
なるほどお。他県から田舎暮らしをご希望される方が多いんですねえ。
確かに、将来は自給自足できる、小さな畑のある古屋にのんびり住みたいな~というのは、わたしも思います。ところで、森さんが、仕事上、気をつけていることや、お客様、同じ不動産業をしている皆さんに対して、思っていることなど、ございますか?

--------森さん
お客様は、賃貸物件を借りる、貸す時は、重説及び契約内容を良く理解し、疑問に思う事は業者に納得いくまで問う事が重要だと思います。同時に、業者側は、自分が借主の立場になって、契約内容を借主に、わかりやすく納得いくまで説明することですね。これは、売買でも同じだと思います。
中古建物の場合、建物本体の内部、外部等にばかり目が向きますが、建物はもちろんですが、境界、道路、排水等でのトラブルが多いので、その辺を良く確認する事が必要だと思います。
そして、業者側は、自分が買う立場の気持ちを持ち、お客様が納得いき、疑問と思う事が無いように説明し契約内容を良く理解してもらうようにすべきだと思います。

--------編集部
うーん。ついつい、契約者は、「契約できた」「買える」「ローンが降りた」「これで住める」ことに満足してしまい、契約書自体をくまなくチェックするより前に、舞い上がっていることが多いと思うんですね。不動産屋さんにお金を払っているんだから、契約そのものも不動産屋さんに任せてしまって、よく確認することも無く、あとになって「あれ?」と気づくことになる。
不動産業者さん側も、都合が悪いことを隠すとかは無いと思うんですが、やはり「訊かれなかったから答えなかった」ではなく、どんなことでも、確認してもらえたら、嬉しいですね。こんなことも、わからないのかとお手数に思われるかもしれませんが、後々のトラブルにならないためにも、意思の疎通を図るというのは大事ですよね。

--------森さん
バブルを経験した、私達の年代の不動産業界のイメージの悪さがまだまだ根付いているように感じます。特に地方ではそんな考えの人が多いと思います。ですから、業界のイメージアップが必要に思いますね。

--------編集部
そういえば、森さん、事前アンケートで、あなたの体が誰かと入れ替わってしまいました。これから仕事をしなければなりません、誰と入れ替わりましたか?という質問に「ピカソだったら最高です」というお答えを頂戴しましたが、ピカソがお好きなんですか?

--------森さん
はい。私の一番好きな画家はピカソです。他に、モジリアーニも好きです。 
実は、私の趣味は油絵でして、30年ぐらい描いています。なかなか上手くなりませんね。

--------編集部
え~!油絵を描かれてるんですか?!凄いですね~☆独学ですか?どこかで習ったんですか?

--------森さん
絵は若い頃より好きでして、ずっと独学で描いてましたが、10年ぐらい前に3年ぐらい先生に付いて勉強しました。この頃は描く時間がなくて月に1枚か2枚ですが、以前は月に7枚ぐらい描いてた時もありました。絵を描いている時が、一番心が安定している時と思いますし、癒される時間ですね、何もかも忘れて何時間でも描けます。

--------編集部
うわ~!素晴らしいですね!絵を描いてるときは、不動産のことも、忘れてしまいますか?

--------森さん
もちろん仕事の事、生活プライベートの事、全てを忘れ最高のひと時です。

--------編集部
そうなんですか~(笑)そのくらい心が癒される趣味をお持ちだなんて、素晴らしいことだと思いますよ!何もかも忘れて、何時間でも描けるというのが、ああ、ほんとうに、お好きなんだなあと感じました。そんな森さんは、お仕事や生活においてのポリシー、何か心がけていることなど、ございますか?

--------森さん
私自身も田舎暮らしを実践していますが、自然との共生をテーマに、「自然と共に生きる」を自分の生き方としています。不動産の仕事は、申し訳ないですが、立派なことはいえません、生活の為です。そして、私一代の仕事だと思っています。ただ、私の周りにある、佐賀の自然。この佐賀という土地での生活、暮らしを皆様に広めることで、私自身も佐賀の自然の一部となり、自然とともに生き、自然を受け入れ、自然とともに終わりたい、そんなふうに自分のできることをして、自然と共に生きていきたい。そう考えています。

--------編集部
うわ~。なんか、鳥肌がたってきました!森さんのお写真をお願いしたところ、奥様とお孫様のお写真をお寄せ頂いたので、ご掲載させて頂いたのですが、明るい笑顔のお写真を拝見していたので、最後「自然と共に生きる」のお話を聞いたときは、断片が走馬灯のように駆け巡ってしまい、ちょっと胸がきゅっとなりました!この記事をお読み下さった皆様へ、最後に一言、お願いします。

--------森さん
今まで自分自身の事、仕事に対してなど、真剣に考えた事がなかった様に思います。正直、事前アンケートは質問が多く、答えるのに疲れましたが、これだけ真剣に考え答える機会を与えてもらった事に対して感謝しています。

佐賀県にある、「不動産のトータク」では、九州佐賀県の田舎暮らし物件を専門的に取り扱っています。自然いっぱいの佐賀地方での癒される田舎暮らしにご興味のある方、お気軽にお問い合わせください。皆様のお越しを、楽しみにお待ちしております。

--------編集部
不動産のトータクの森泰秀さん、このたびは、お話し頂き、どうもありがとうございました!焼肉屋さんから不動産屋さんになって、佐賀の自然の中で油絵を描かれている森さん。人生って、いろいろだなあ。不動産屋さんも、いろいろだなあと実感しました。お話しが聞けて嬉しかったです☆行ったことが無い、全く知らなかった、遠い佐賀が、ちょっぴり近くに感じられるようになりました。
森さん、これからも、絵を描きながら、自然の中で、不動産屋さん、がんばってくださいね!どうも、ありがとうございました☆

佐賀の不動産のトータクさんのサイト

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/12154554

【突撃取材】佐賀の不動産のトータクさんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。