JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【話題の現場】東京都美術館の丸いオブジェ | メイン | ある日トイレが・・・物語 »

夢のリゾートマンション買っちゃった記

■----- 編集部
編集長の知り合いの渡辺(仮名)さんが、リゾートマンションを購入されました。渡辺さんと、編集長はメールで近況報告など、ざっくばらんにしており、おめでたいことですので、このたび、記事としてご紹介させて頂きます!
渡辺さんは、どのように、リゾートマンション購入に至ったのでしょうか?
はじまりはじまり~☆

■----- リゾートマンション購入への道のり
私は、バブル期に、サラリーマンを経験しました。当時、お金があればなんでもできると勘違いしている経営者をうらやましく思いつつ、バブル後、結婚を期に、妻の零細企業に就職。その後、別に起業し、2足のわらじを履く昭和44年生まれの男です。

趣味は、動物・スノーボード・車。
動物は、猫五匹と暮らしています。雑種1、メインクーン1、ラグドール3が居るのですが、メインクーン8.5キロ、ラグ7キロ選手。知らない人は、猫という認識をせず、今の何!!!っと驚く、ツチノコ状態です。雑種は3kg弱なので、その差歴然。ちなみに、デブ猫なのではなく筋肉パツパツで8,5キロです。赤ん坊のときは、4000gで生まれてきたのですから、立派に成長しました。

5年くらい前から、スノーボードに行って、温泉にひたり、週末にのんびりしたい・・・・という願望と、いつかは別荘を持ちたいという夢が始まっていました。

場所は、スノーボードに行く関係で、那須限定でチラシや現地の看板、インターネットで探しました。別荘というのは、個人事業主から言えば、古いけれど、夢だねぇ。儲かったら欲しいねぇという夢の世界です。フェラーリの写真を見てああ、いつかは乗ってみたいなという気持ちと同じレベルです。

しかし、日々探せども、そんなにいい物件はありませんでした。調べていくうちに、別荘一戸建てのメンテナンス・防犯のデメリットが大きいことに気がつき、リゾートマンションという選択肢も視野に入ってきました。

夫婦2人でほっとできそうな、程よい小ささのマンションでもいいかという気持ちになったんです。その後も探したんですが、那須はマンション物件が少ないらしくあっても高い、古いという状態に二の足が・・・。

趣味の車ですが、1台目は、バブルのときに貯めておいた定期預金の満期で買った某ドイツのオープンカー。自分の贅沢のために買いました。2代目は、中古のアルファロメオ147GTAです。中古車選びは、物件探しと同じだと思うんですよね。価格以上に、コンセプト。1番大切なのは気に入った物が気に入った価格で買えるかどうかです。私は、私のした行動を後悔しない!!!が信条ですので、車もマンションものんびりとマイペースで行くことにしました。

結局、物件探しも頓挫したまま数年たってからです。草柳さんとの雑談中に、那須エリアには支店がないけれど、お世話になっている業者があるんですよっと、雑談でHPを教えてもらったんです。今思えば、ラッキーでした。
そこには那須にこだわっていた理由を忘れるくらいの、豊富な価格帯・物件!そしてその業者の姿勢の現れであるつくりのHPを見せていただき、胸の高鳴りが始まりました。

まずは定番の?業者さんが売ると儲かるお勧めコーナーを拝見。商売人ゆえ、うがった考えで申し訳ありませんが、やはり、ここは見なくちゃ始まりません(笑)。ここで、目に留まったものはまさに中古で理想のタイプの条件でした。価格良し・車のアクセス良し・スキー場まで5分で温泉付で24時間管理人常駐。

さっそくお気に入りに入れて、1週間ほど悩み、その他物件もチェックするものの・・・どうみても、他の物件や同じマンション内の仲介物件よりも10%以上はお買い得。しかし、25戸分譲の残り2戸。上の階で、きれいで、マイナス要因が無いはずなので、心配な気持ちがムクムクと・・・。何か売れない理由があるに違いない。そんな無意味な諦めるための言い訳を思いつつ、アクセスしてみると、なんと残り1件となったんです。舞い上がってしまった?私は、いつしか問い合わせるボタンを押していました。

■----- いざ、リゾートマンションへ
物件の内覧日を決めたんですが、スノーボード後に拝見させていただきたいという問い合わせと購入時にかかる、費用(手数料や税金、一時金など)、必要な書類は何かと書いて送りました。1時間後にはそつなく完全なメールが届き、仲介物件ではなかったので意外と安かったので、あっという間に、日程調整まで進んでいきました。

電話でのやりとりを2回する中で、ずっと気になっていたことを聞いてみました。「25件中の2件が残り、さらに最後の2件で、なんでこっちの1件があまってしまってしまったのでしょうか?」すると・・・驚きの!!!!???回答が。
「はい、不動産所得税(?)が部屋の面積で0.08足りないので免税にならないのです」というではありませんか。その金額19万円。
たしかに今回の予算の中では割合の大きい支出でしたが。勝手に「ちょうどそれだけ値引きしてOKだな」と心の声が響いていました(笑)
こうして、3日後に商談を決めました。結果、その日はスノボー無しにしました。

ここで傍と気がつきました。今更ですが、妻の存在を。
妻はお金を使うことが嫌いなのです。妻を説得しなくてはなりません!
「あのさー、そろそろ別荘が欲しいかなぁって思うんだけど」 「はー?何いっての?半年前に車買い変えたばかりでしょう?」 「うんー。出物があってさ、お得なんだよね」 「欲しいって言い始めたら買わないと気がすまないんでしょ?いいじゃん、買えば!・・・てか、車買ってお金無いって言ってたじゃん!」

おっとっと・・・完全なやぶへびです・・。でもここで焦ってはいけません。
「でも一応合意の上で買いたいじゃん」 「それは合意じゃなく私を説得するってことででしょ!」 「とりあえず、3日後の木曜日に見に行くから」 「はいはい、いってらっしゃい」 「いや、君も一緒に行くんだよ」 「いいよ!行っても同じなんだから!行かない!」 「いや、ドライブがてらに、温泉とヘギそばを食べるツアーにするからさ」 「ヘギそば?私が好きな?うーん。じゃあ行ってもいいよ」

と、このように、なんとか妻の合意(?)も得て、無事に行けると思ったら、出発前日になって「やっぱり一人で行ってきなよ」 「いや、二人で行くの。先方にも言ってあるから。(ね、お願い)」 もう、妻はとてつもなく不機嫌です。
そして当日。ハラハラしながら出発すると、サービスエリア好きな妻はちょっとご機嫌になり。東京からのSAにはいいもの少ないねぇといいつつ何か買ったりして・・・。ほっと胸をなでおろしつつ、なんとか現地集合に間に合いました!


■----- 内覧そして・・・
雨の振る中、入り口で待機して5分。不動産屋さんが来て内覧しましたが、なんという大きさ!800戸を超える超大型マンションでビックリしました!管理人さん経由で入り、共用施設を見て周りながら、このマンションの良さ、悪さ、などを聞き、その後部屋へ行きました。リフォーム済み物件ということもあり中はいたって問題なし。エアコンだけは湿度の関係で動作の確認が出来ないものの、その他の施設にも問題なし。

気に入った内容としては、部屋が綺麗で無臭。これ大事です!大規模修繕が完了しているのでどこも綺麗だし、温泉施設も綺麗で大きい。
スキーロッカーが大きくて綺麗。有料だけどプールがある。ペット可。24時間管理体制。不在時宅配便の受け取り・保管が可能。マンション内レストランが365日営業。規約が非常に細かく、徹底しているなと感じた点です。

逆に、いまいちと思った点は、内心、プールよりもジムが欲しかった。残念です。小さい部屋だったので洗濯機置き場が無かった。これは、そのまま、永住不可ってこと。あと、駐車場の規定が曖昧でした。駐車場確保約25%で、満車時は止められないという記載だけ。
他、温泉の営業期間・時期による使用時間設定が曖昧。大規模のせいか?企業の保養所としての利用が多いようなので、初めて使う人らしき方が規約を無視しているような感じを受けたのと、ごくたまに、お子さんが叫んでいる・・・くらいだったので、自分の中ではOKでした。

一緒に行った妻は・・・にこやかに、「いいんじゃないの?綺麗だし。欲しいんでしょ?」これを言うときはまだ反対ってことです。伊達に長年夫婦していません。駅前の不動産屋さんへ車で行き、「内覧してきましたが、いいですねえ」と、まえもって、匂わせていた、値引きを提示してもらうと考えていたドンピシャリの金額がきました!

聞けば会社としては、あと1ヶ月以上売れなければ値引きも考えるが、今の段階では、値引けないが、最後の1件なので店長さんが、社長さんに交渉してくれたという。もっともっと!と言えばあと少しいけそうな感じがするも、駅前の立派なお店・・・今後もなにかのお付き合いがあるかも。と考えていると、

金額が金額ですので、いつまでにご決定いただけるか回答をいただければ・・・ご帰宅後、決めてください。なんて言ってくれる心遣い。そもそも、内覧して気に入ったらすぐに決めるよという条件で値引きがでてきていると感じたので・・・嬉しかったですね。

そんなことで、あっさりと 「契約します。まえもってメールで訊いておいた、決まった場合に必要な書類と現金持ってきましたので、ハンコ押します」というと え?っという顔をするので、印鑑・現金を出して見せました。
店長さん一瞬圧倒された顔をしていましたが、 「え?あの?あ、はい。今から契約書を作成してきまーーす!」 と走っていきました。まさか、即契約とは思っていなかったようです。

この作成時間の間で、他のタワーマンション物件一覧表を見ながら妻に説明しました。同じマンションでたくさん出てるじゃない!なにが最後の1戸よ!っと、噛み付いてきましたが、「これは仲介物件でね・・・」 と、いかに今回の物件がお得なのかをアピール!
仲介手数料を支払って、リフォームすると、この値段なんだよ!それが、今回はこの値段なんだから!!っと説明すると、今回のお得価格にやっと、納得したようで、ほっとしました。

この後、書類ができて、重要事項説明で、契約。
終った後は、約束の!ヘギソバと温泉!不動産屋さん、ヘギソバのお店を紹介してくれて、温泉は、マンションの使える時間ですから是非!ということで、食後、温泉にも入ってきました。妻もご機嫌で、テレビを如何する、布団は如何するとはしゃいでいました。とりあえず、無事に契約できて、なによりでした!


■----- 購入後・・・
購入して二週間後、早速行こうとすると、妻の不満・不安・心配がもりもりでてきました。やはり、コミュケーション不足はいけません。

妻質問1:
見るまではよくある?別荘のボロと区別がつかなかった。虫もいっぱいいて、セキュリティも万全じゃないと思っていた。それが、見てびっくり。自宅マンションの共益部分より綺麗で完全に管理されている。下手な高層マンション以上の出来栄え。これって、毎月のかかる経費が無駄じゃないの?

夫答え:
月額もろもろで4万円以下。月1で温泉に行くと思えば時間を気にしない、延泊の可能性なども含み、それほど損ではないよ!(売る人のセールス文句?笑)

妻質問2:
ただでさえ、しょっちゅうスノボーに行っているのに、旦那がこれで冬に山篭りしたら、浮気でもするんじゃないか(疑惑の眼差し)

夫答え:
浮気するなら、こんなマンションなんか買わないで、苗場プリンスでも取るよね?(もっともな回答で回避)

妻質問3:あなたのお金で買った、あなたの家だから。ひとりで行ってくれば!

夫答え:だから二人で決めたんじゃないか!(と説得。)

すったもんだありましたが、購入後約1ヶ月。その間かかった費用は、雑貨、掃除用具、風呂の道具など・・ダイソーで合計5000円くらい。布団2組で2,3万円。テレビ 液晶20インチで4万円。消臭の光触媒造花2万円。電子レンジ2万円。

久しぶりに、新居に引越しみたいな感じで楽しかったです。不機嫌な妻も、説明をして少しだけ納得してくれたようです。二人で使う二人の物だからという共通の意識が必要で、それは声に出さないと伝わっていませんでした。

今回購入するまでに、編集長の草柳さんへ数回の雑談&相談をさせていただき、毎回、うなずけるようなアドバイスをいただけたお陰で、安い理由・高い理由・お得な理由・見極めポイントを勉強させていただき、欲しいと本気で思った瞬間から約2週間で、予算内で希望以上の物件が手に入りました。

もっとも、バブル期にリゾートマンションを見ていなければ、手が出ない物件だったと思います。探せば販売で70万円とか3000万円とか広さ、場所などによりさまざまです。でも、自分が欲しい条件のうち90%が揃ったこの物件はまさに、運命の出会いと、ナイスなアドバイスと、良い不動産屋さんに出会ったおかげです。

二の足踏んでいる人は、まず予算です。予算を決めたら、背伸びせず、予算内で理想が90%まで実現できるか?(今回の諦めポイントは湯沢まで2km以内=自転車でいける範囲)のみで、考えると実際に購入へ!という道への近道になることでしょう。

もちろん、適切に相談できる知り合いと良い不動産屋さんも必要な要素です。資産価値の考えとしては、大規模修繕や積立金、未払いの割合、管理の状態で10年後20年後の価値が変わるでしょう。バブルは来ませんが、リゾートマンションは底値に感じます。資産価値としてもつなら無駄ですが、20年後にゴミになってもいいやと諦める気持ちがあり、月平均2回以上利用できるなら、家族がいればいるほど、購入もありだなと思いました。


■----- 編集部
調度、渡辺さんと編集長が知り合う以前に、編集長自ら、リゾートマンションを購入していました。その後の引越しや掃除、エアコンの買い替え、家具や寝具の買出しなど、もろもろ蘇って参りました*

今回、渡辺さんは、スノボーができる地方でしたが、編集長は海が目の前。仕事があいたときに、ふらっと遊びに行けるよう買ったのですが、調度3月末に6泊7日して遊び倒してきました* どこかに旅行にいけば、毎月の修繕積立金と同じくらいの値段いきますから、そのぶんの宿泊代が浮くと思えば、このように、自分たちが有意義に遊べる、使えるリゾートマンションというのも、とっても有意義なものだと思います!

渡辺さん、このたびは、貴重な買っちゃった記を、どうもありがとうございました!是非とも、お仕事の合間に、奥様を連れて、のんびりお過ごし下さい♪


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/12488272

夢のリゾートマンション買っちゃった記を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。