JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« ある日トイレが・・・物語 | メイン | 【突撃取材】北海道の有限会社大道開発さん »

【突撃取材】秋田の木場株式会社さん

第9回になりました、不動産屋さん、業者さんを取材する「突撃取材レポート」。
今回は、秋田市から、木場株式会社さんです。中古住宅の売買、増改築、プチリフォームなどに力を入れている木場株式会社さん。
どんなお話しが聞けますでしょうか。楽しみです!

--------編集部
今日はどうぞ宜しくお願いいたします。まず、木場さんが、不動産業で働くきっかけというのは、なんだったのでしょうか?

--------木場株式会社・木場勝之さん(以下、木場さん)
建築との出会いは思い出せない位、幼い頃です。
当時、父(初代)が創業した店は住宅設備機器の販売と施工をしていたため、TOTOや松下電工の総合カタログが自宅兼店舗に沢山ありました。カラーの写真で色々な商品が奇麗に載っているのが楽しくて、その頃の男の子の多くが、昆虫図鑑や怪獣・怪人カードに夢中になっていたのと同じように、商品カタログを飽きもせずに眺めていたそうです。

また、中学校ではとにかく受験が嫌だったので、合格すれば後は受験がないという高等専門学校を受験したのですが、何とか入学できたことも技術系に進む契機のひとつでした。

高専時代はバイトに明け暮れ、クラスの仲間にも「商売人」と呼ばれるほどで、自然に親の事業を継ぐ気持ちになっていきました。長期の休みには家業を手伝ってもいたのですが、授業がある日には、手ごろなバイトをしようと、飲食業や精肉屋さん、スキーショップなどでも働いていました。

接客をして、何かを買っていただいたり、お客様にアドバイスをしたことで喜んでもらったりすることが、とても楽しかったので、商売=経営に興味が沸きました。お客様が喜んでくれると、自分も幸せな気分になれるんです。

--------編集部
なるほど。ではもう学生時代から、ありがとうと言ってもらえる、お客様が喜んでくださることが喜び、というような、働くことの喜びを肌で感じてこられたんですね。若い頃に、いろんな人から言われた、教えられた、与えられた環境の中で、気づく事ができるというのは、ありがたいですね。

--------木場さん
取引のあった商社の建築資材部門に入社しましたが、父の急病で短い修行期間でした。秋田に戻ってからは、師匠のような親方に巡り会い、現場だけでなく様々なこと(大人としてのあれこれ)を教えていただきました。毎日、新しいことをおぼえられるので、楽しいことばかりでした。見るもの聞くもの全てが興味深く、その頃の思い出は今も鮮明に思い出せます。

大変だったのは、お客様に請求書を届けることが苦手で、玄関前まで行ってから、チャイムを押せずに戻ったことが何度もあります。請求書に計算間違いが有るんじゃないかとか、お名前の漢字を間違って無いかなど、直前になってから心配になるのが多かったです。どうしたらお客様が喜んでくれるかを、まず考えているという大工の棟梁の言葉は、今も迷った時に思い出しています。

--------編集部
木場さんが、学生時代、アルバイトをしているときに、お客様が喜んでくださることが、とても楽しくて、幸せな気持ちになれた、とおっしゃってましたよね。それは、大人になってから、社会人としてその道のプロとして仕事をするときも、同じということだったんですね。会社を継ぐことは、早い段階から、お考えだったんでしょうか?

--------木場さん
今の会社は、自分の苗字そのままが社名になっていますが、高校の時に、もう、色々な会社名を考えたり、ロゴマークを書いたりしてました。会社を立ち上げる、独立することは、自分を活かせる唯一の道と思っていました。

--------編集部
高校生の時には、社名やロゴマークを考えていたって、すごいですね!さすが、クラスで「商売人」と呼ばれるだけのことはありますね(笑)実際、社長になってからは、社員教育など、心がけていることはありますか?

--------木場さん
自分自身が出来ないことを社員に要求しないこと。自分の都合で無く、お客様の立場で考えること。作業する人が仕事がし易いように、段取りすること。無理なことはしない。危険なことはしない。ルールを守ること。やる気、元気、勇気を忘れない。という点を心がけています。会社の雰囲気は、自分で考えて行動することができる社員が揃っていると思っています。

また、積極的に、地域との係わり合いを持つようにしています。地域のお祭りに参加したり、管工事組合を通じて、災害時の活動。商工会議所青年部を通じて、地域活性化への取組みなどです。

--------編集部
秋田というと、「秋田美人」「酒と米が美味しい」「日本酒に強い人が多い」「日本海側で寒そう」「塩分取りすぎ」「ハタハタ」「なまはげ」という、断片的なイメージが強いです。あと、寡黙で実直な人が多いという印象があります。そして、なんとなく顔が似ているような感じがします。偶然なんでしょうけど、今までお会いした男性で、「あれ?もしかして秋田出身かな?」と思った方が3人とも秋田の方で、3人共、年齢も仕事もバラバラなのに、かもし出してる雰囲気が似ていました。そう、なんというか、熊さんみたいに、目がまん丸で、眉毛が太かったんですよ(笑)

--------木場さん
そうですね、秋田の特徴と言いますと~人間がゆっくりしている…これは、短所でもありますが。あとは、田舎なので自然が身近にあることなどは、何処の地方都市でも同じでしょうから、やはり食べ物が美味しいことですか。四季折々の旬の食べ物が豊富で、自分でも採取できます。春は山菜・タケノコ、夏は畑と海川の産物、秋はきのこ、冬は脂ののった魚と、街の中心から30分くらいのところに、山川海が有るので、手軽に自然のものが食べられます。どの地方の方も、自分の地元の料理が一番美味しいと思って居られるでしょうが、
秋田は県外から来られた方々からも「食べ物が美味しい」ことは、認めていただいており、食と酒、どちらも私自身、大好きですので、秋田に生まれて良かったと思っております。

補足しますと、「秋田美人」。美人は最近どこの地方でも増えていると思いますが、色白・もち肌・鼻の高い系の美人は確かに多く居ります。それよりも男性の美男子率も人知れず高いのではと思っています。ジャニーズ系のイケメン君はゴロゴロ、男子高校生の身体能力は全国一、学力テストも全国一(参照)ですから、文武両道・眉目秀麗の男性が多いと言うことです。お陰で、男性のサバイバルゲームが厳しいです。

「酒と米が美味しい」これはもちろんです。あきたこまちというお米は、冷めてもおいしいお米です。ただ食べ方によっては向き不向きがありますので、ご注意を!お酒は、中央で有名な「爛漫」「高清水」も有りますが、「刈穂」「新政」を私はお奨めいたします。最近は日本酒をあまり飲まなくなってきているそうで、造り酒屋さんの中には「米焼酎」を造り出した処もあります。

それから、四季がハッキリして居る。寒さも厳しいですが、暑さも厳しく、寒暖の差は全国有数のはずです。一方、食べ物にはこの気候が良い影響を与えていると、言われています。「ハタハタ」などは、昔は箱でまとめ買いというか、無料でもらったりしていましたが、今や高級魚で、年に数度しか食べられません。ハタハタで造った魚醤が「しょっつる」で、これを用いた鍋料理が冬の定番です。「なまはげ」これは正確には男鹿市の民俗ですが、秋田県全体としても財産です。

人口30万人の街からちょっと走っただけで、カモシカに会える、クマにも会いたくは無いけど会えるかも知れない自然の身近さと、季節の変化の大きさがきっと毎日の生活に新鮮な驚きと楽しみを与えてくれる街です。東北一見栄っ張りで、お洒落な男女を眺めながら、美味しい肴とお酒を楽しめます。是非一度、「日本に飽きたら、秋田に『け』」(※秋田市建都400年記念のポスターのコピー)をお試し下さい。

--------編集部
うおおお~!全国にいる、秋田出身の方が読んだら「そうそう」と大喜びされるんじゃないでしょうか!止まらない勢いですが、木場さんは、会社で好きなのが、クマの看板だそうで?

--------木場さん
はい、当社の看板に描いてある「熊のゆるキャラ」は自分でも好きで、気にいってまして、きばクマ3兄弟と名付けて、ホームページにも登場させています。初めは、重機や土地のイラストを使って、業態を表そうとしていたのが、「大工のくまさん」とか、クマに仕事の内容ごとの格好をさせたら面白く、弊社の業態が分かりやすいのではというアイディアが出て、デザイナーさんにお願いしました。

不動産屋さんの「ふどうクマ」、大工さんの「だいクマ」、土木業者さんの「どぼクマ」。見た目が弊社の特徴を良く表しているように思います。何故クマなのかは、ただ体型のせいです。単に、我が兄弟・親子の風貌が熊に似ていると言われるからキャラにしました。

--------編集部
そうだったんですか~!きばクマ3兄弟、とってもわかりやすくて、可愛くて、いいと思います!熊は、もともと、お好きなんですか?あと、秋田では、熊は身近なんですか?

--------木場さん
子供の頃、家の脇に鎖につないで熊を飼っていました。(真実です)
毎朝、目覚めてトイレに立つと、窓の外では熊がパンパン柏手を打って、食事の要求をしてました。でも可愛くは無いですよ、けっしてなつきませんから。
私は山で熊を見たことが有りませんが、最近山菜採り客のリュックサックを狙って出没する熊も居るそうで、危険な状態です。それもこれも山の自然が少なくなってきたのと、人間が熊の領域(テリトリー)で勝手な振る舞いをし、食べ残しなどを投げ捨ててきたせいです。秋田も色々な自然の危機を迎えております。

--------編集部
う~ん。深刻ですよね。熊さんの話しももっとお聞きしたいのですが、お仕事の話しに戻りまして。木場株式会社さんは、中古住宅の増改築、プチ・リフォームに力を入れているそうですね?

--------木場さん
はい、住まいのリフォームを専門に実績を積んできたので、中古住宅の売買においてもご予算に合わせた合理的なリフォームを提案できること、設備工事業と建設資材・住宅設備機器販売という側面も持っているので、水回りの工事が得意なことが特徴的です。

--------編集部
なるほど。だから、土木(どぼクマ)なのですね。

--------木場さん
業界における将来性としましては、メーカーのご都合主義がまかり通り、大量宣伝で間違ったイメージを植え付けられている状況を打破して、手に入れやすく数十年後でも補修の可能な材料を用いた堅実な住まい造りを定着させたいです。

以前より人件費について高すぎる。掛かりすぎる、無駄がある、ムラがあると言われ続け、悪者扱いをされてきてます。その為に工業化住宅やユニット工法が開発され、また市場の支持も受けて来てはいるものの、そろそろ人件費を削るやり方は限界に来ていると考えます。

またリフォーム工事や伝統的な建造物の改修などでは、経験と知識に裏付けされた職人技が必要で、その技量を後継者に伝えていくためには、技術の見返りとして或る程度の収入面での魅力も必要でしょう。

今後メスを入れるとすれば、営業費用的な面や設計・施工管理上のコストで有り、資材メーカーの流通コストの部分と考えます。また、スクラップアンドビルドを見直して、中古住宅の再生技術を全体的にレベルアップすることと、流通面でも性能保証を図ることで、その市場価値を高めることが必要と考えます。これにより、新築時のコストが生涯家計に及ぼす影響が抑えられ、若年層の資産形成もし易くなると思います。

何よりも将来に希望が持てる社会にならなければ、下請いじめによるコストダウンがいつまでもまかり通るでしょうし、その為に一企業として何が出来るかを考えていきたいと思っています。

--------編集部
わたしの住む関東地方ですと、次から次へとマンションや高層ビルが立ち並び、もう既に、過渡期のような気がしています。漠然とした危機感をうすうす感じています。誰の為の住宅なのかなあと思ってしまいます。
大事な技術を持った職人さんがいなくなってしまっては困りますし、職人さんや、現場の方たちが、きちんと生活できるよう、よりよい仕組みになっていったらいいなあと、感じました。じゃあどうすればいいのかと言われると難しいですが、今日、このようなお話を聞けただけでも、目に見えない、たくさんの、提供してくださる方々のことを少しだけ考えられるようになったように思います。

--------木場さん
誰の為の住宅。そうですね、お客様にとっての住宅でありたいですね。よく聞くお客様と業者間でのトラブルの多くは、説明不足や誤解から来る不満が原因ではないでしょうか。業者は、あまり専門用語は使わず、図や写真を利用して分かりやすく説明する。取り決めしたことやお約束は全て書面にして残すことが大事でしょう。

また、土地の分譲・新築建築・新築住宅販売のとき、不動産屋、契約者、設計士等など複数関わってきますが、重要なのは、どちらを向いて仕事をするのか?と言うことです。業者同士の和も必要ですが、最終的には費用を支払うお客様の為になることを考えて、協力し合わなければならないと考えています。

弊社も業歴の浅い不動産業者の立場ですので、あまり大きな事は言えませんが、事前の調査はしっかりしたいと思いますし、していただけたらありがたいと思っております。

--------編集部
うーん、なるほど。そのように言って頂けると、購入者側は心強いですねえ。いざというときに知らん振りされたら、泣きたくなってしまいます。

--------木場さん
購入者といえば、中古住宅・中古マンションなどの場合、購入資金の融資を受けたりすると、ついつい気持ちが大きくなってしまって、あれもこれもやりたいという状況になってしまう方が居られます。
弊社としては工事金額が大きくなることは、正直嬉しいのですが、資金計画を大きく逸脱した方向に行きそうな時は、何とかブレーキをかけるように心がけています。不要不急の工事は、この際何年か後まで待ちませんか?とお伺いしています。お客様が後後、返済に難儀をされることだけは避けたいと思っています。

--------編集部
ありがたいです~。経験あるんで、わかるんですが、ついつい、興奮&高揚しがちなんです。この際だから、この機会に、どんどんやっちゃえっていう勢いに乗ってしまう雰囲気があるんですよ。頭金500万とか、ローン3000万とか、金銭感覚も麻痺してますから、工事費用も諸経費も、10万、50万が、1万円感覚しか思えなくなってしまうんですよね。木場さんのように、仰っていただけると、す~っと冷静になれて、ありがたいです。

--------木場さん
現状の不動産業界は、消費者の信頼を得ているとは言い難いように思います。このような仕事はこの業者さん、この職人さんが得意ですよ!という、アナウンスメントが公正な機関からされると、イメージ主体の宣伝競走に走らなくても、良いと思います。広告宣伝自体を否定しているわけでは無いですよ。周辺産業への波及効果は経済的にも必要でしょうから。

--------編集部
さきほどのお話にあった、「リフォーム工事や伝統的な建造物の改修などでは、経験と知識に裏付けされた職人技が必要で、その技量を後継者に伝えていく」とつながりますでしょうか。ほんとうに、腕のいい大工さんとか、いい職人さんって、知ってる方は知ってるんだと思うんです。でも、知らない方は、まったく知りません。知る機会も無いかもしれません。『家は3回建てなくちゃわからない』という言葉があるそうですが、残念ながら、我々普通の一般人には、たったの一度で、あっぷあっぷです。職人さんが、どんな方で、何を大事に、一所懸命作られているのかということは、是非知りたいですね。また、知ることで、是非、その方にお願いしたいという気持ちも出てくるのかもしれません。

そういえば、アンケートにありました、木場さんは、ご趣味は読書だとか?

--------木場さん
趣味は読書と音楽とです。音楽は久し振りにバンドをやる予定です。読書は、歴史小説を主に乱読の傾向です。吉川英治、司馬遼太郎をはじめ山岡荘八、宮城谷昌光、高橋克彦、隆慶一郎、北方謙三、戸部新十郎、津本陽、童門冬二などの諸作品です。写真にあるのは、「猟犬エス」。父が書いた本です。あと、「ターシャーの言葉」、「スローライフで行こう」、昔、練習していたギターの写真です。

--------編集部
あ!某テレビ番組で、「親父バンド」なるものが結成されてるようですが、つい、そちらとイメージがダブってしまいました。お忙しいお仕事の合間を縫って、読書とバンドと、楽しまれてるんですね!
それでは、木場さんにとって、不動産のお仕事とは何ですか?また、大切にしていることなど、ございましたら、お聞かせ下さい。

--------木場さん
私が大切にしていることは、価値観は人それぞれに違う、ということです。自分が正しいと思うことでも、誰かにとっては間違いかも知れないし、全ての人が奨めることでも、自分にとっては合わないことかも知れない。出来れば少数の中の少数者の気持ちが分かるような人間になりたいです。

私にとって、この不動産の仕事は、「生き甲斐」です。自分の会社をもっともっと良くし、地域社会の信頼を得、地域に貢献できるようになること。同業他社とも或る面では協力し、切磋琢磨しながら、業界としての信頼を高めていけるよう、つとめていきたいと考えています。将来、次に会社を任せる人間には、事業を行なうことは苦しくて楽しいことを伝え、企業と地域の発展を託したいです。

--------編集部
今回、木場さんのお話を伺って、現地で、ヘルメットをかぶって作業をしている、陽に肌を焼きながら汗水たらして黙々と木や土と対峙している方々の姿が目に浮かびました。皆さん、それぞれの譲れない揺ぎ無いプロ意識の中で、ひとつの形を作り出して下さっている、そんな方たちのおかげで、この家と出会えるんだなあと、改めて感じました。木場さん、最後に、皆さまへメッセージをどうぞ!

--------木場さん
秋田の木場株式会社です。中古住宅の、住み替えや、売買のご相談、長年のリフォーム専門店としての実績に基づく、仲介リホームのご提案の推進に力を入れております。また「耐震」・「防火」・「防犯」を重点項目とした「安心・安全・快適住まいの創造」を目標にしております。

実は、最近、秋田のような地方では、子ども達は都会に就職してしまい、持ち家を購入しても、秋田に帰ってくる、一緒に暮らしてくれる見込みがないことが多いです。親御さん方は、「終の棲家」としての住まいを子どものために、「遺産」として守り続けたいものの、年金などの限られた収入で生活するため、子ども達に援助をお願いするわけにも行かず、住まいには手を掛けられません。

結局、「遺産」は売却するしか無くなり、子ども達は不動産業者に依頼する。何年も手入れをしていなかった住まいは評価も低く、なかなか売れない。更地にして販売しようとするが、解体工事の費用を捻出しなければならず、このまま売れなかったらと不安になる。また、残された子供たちにとっても負担が大きく、借金等あるため、遺産放棄するなど、このような残念な流れ、実情が、多いのです。

このような状況を踏まえ、弊社では、これまで頑張ってきた証として、財産を確実に残すためのお手伝いができるよう、真剣に考えています。
高齢者のご家庭が、公的な制度などを利用して、無理なく住まいを維持できるアドバイス。中古住宅の流通促進と、売れやすい住まいのご相談。予算に合わせて無駄のないリフォームのご提案など。特にリフォームについては、長年リフォーム専門店として施工を行なってきた実績に基づいたご提案が出来ると自負しています。このような得意分野を活かしながら、社会に必要とされる仕事で貢献していきたいと希望しています。

--------編集部
木場さん、お忙しいところ、どうもありがとうございました!最後の最後になって、痺れあがるようなお話しでしたが、どうぞ、きばクマ3兄弟仲良く、これからも、秋田の地を見守って頂きたく思います!どうも、ありがとうございました!

▼木場株式会社さん http://www.re-home.biz/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/13112011

【突撃取材】秋田の木場株式会社さんを参照しているブログ:

» 取材していただきました (快適住まいの創造 思いつくまま)
インターネット上で不動産に関する相談を無料で行なってくれる「不動産.jp」というサイトがあります。http://fudosan.jp/index.html 回答は、全国の専... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。