JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 【突撃取材】群馬県伊勢崎市 株式会社クリエートハウジングさん | メイン | 【話題の現場】秩父 どこいくべぇに魅了♪ »

【突撃取材】リゾート物件専門・株式会社ひまわり・湯沢店さん

不動産屋さんを取材する「突撃取材レポート」第14回は、リゾートマンション、別荘などリゾート物件を専門としている、株式会社ひまわりさんより、新潟にあります、湯沢店店長の鈴木晶子さんに、お話を伺います!

--------編集部
宜しくお願いいたします。もともと、うちの編集長が、御宿のリゾートマンションを、2004年に房総店さんで購入させて頂いたんです。この「家のタネ」は2007年からスタートなんですが、その間も、ひまわりさんのHPは、リゾート日記など内容が充実していて、興味深く拝見していました。

また、うちの編集長が、リゾート物件を探していたお友達の渡辺さんに、偶然、ひまわりさんをご紹介していたんです。渡辺さんは、スノボーが好きで那須によく行かれることから、湯沢店さんでご購入されたんです! とてもよくして下さったと、大好評でした。(この模様は、「夢のリゾートマンション買っちゃった記」に掲載しています) ですから、今回、その湯沢店さんから登録のご依頼があったのは、とても嬉しかったです! ありがとうございます。これからも、いろいろお世話になると思います、その節は宜しくお願いいたします。編集部も、夏休みで、御宿行ってまいりまして、房総店さまにも、ご挨拶してきました。なにせ、マンションの1階が、房総店さんですから(笑)

--------株式会社ひまわり・湯沢店・鈴木晶子さん(以下、鈴木さん)
ひまわり湯沢店で店長をしております鈴木晶子と申します。房総店でもお世話になり、また、渡辺様もご紹介頂き、大変ありがとうございました。
今回は、広告課の者がリンク登録をお願いしたFudosan.JPさんが、草柳様が運営・管理されているものだと知らず、大変驚きました。

また、渡辺様がご購入されるまでの裏話など大変おもしろく拝見させて頂きました。ところどころ私も登場させて頂き恐縮する反面、嬉しく思いました。渡辺様とは取得税の件で、少し前にもご連絡を頂いていましたので、今回のサイトを通じた草柳様とのご縁もなんだかとても不思議です!

リゾート物件に特化した、株式会社ひまわりでは、支店が6店。草津、軽井沢・志賀の、軽井沢店と、千葉の外房、内房、南房総の房総店。湯河原、真鶴、箱根の湯河原店。熱海、伊豆全域の熱海店。山中湖、河口湖一帯の山中湖店。また、契約のみを行う「東京契約センター」は八重洲にあります。買主さま、売主さま、共に東京近辺にお住まいの方が多いので契約センターの存在は有り難いと言うお声が多いんです。そして、私、鈴木が店長をしている、湯沢、苗場、水上の湯沢店となります。

--------編集部
え~ひまわりさんといいますと、どこの不動産屋さんに比べても、とにかく、HPがいい! 湯沢店さんだけでなく、ひまわりさんの、どの支店もそうなのですが、「スタッフ一押し物件」が、それぞれのスタッフさんの顔写真入り、各スタッフさんの言葉で、おすすめ理由が載っている所が、とても好感が持てます。通りいっぺんの営業トークじゃないところが、いいんです。
それと、ライブカメラがあるのも最高。我々、御宿に行く時は、台風とか海の荒れ状態を確認しますもん。こういう発想、なかなか好きな方で無いと、浮かばないと思うんです。
そしてなんといっても、スタッフさんが書いている、リゾート日記がイチオシです。写真が多く、その地域独特の、呼吸というようなものが見えるんです。スタッフさんが書かれている、ひまわりさんの魅力のひとつである、リゾート日記について、お聞かせ下さい。

--------鈴木さん
リゾート日記や、スタッフ一押し物件、ライブカメラ等は、業界の中でもいち早く平成8年にホームページを開設し、スピード・情報量・親しみやすさ・透明性にこだわった社長の意向で始まりました。
リゾート日記は、支店によって異なりますが、湯沢店で言えば全社員が順番で書いています。観光・イベント情報やリゾート物件情報を載せることになっています。たまに、載せるほど情報が濃くないときは脱線することもありますが、意外に脱線したほうがウケがいいときがあります。

写真は、湯沢の特長となる風景や、地元しか知り得ない場所を撮影してご紹介しています。各支店間でもリゾート日記は人気があるので、自由にのびのびと書いていますし、全社員楽しく見ています。
ネタがなくなって困る時は、私は社内のことや、社員、特にお客様の窓口となる営業課の社員のことを書いています。そうすることで、お客様が親しみをもってくれたり警戒心を取り除いてくれたりするのではないかと思っています。リゾート日記はアクセス数もある人気ページなので「誰かが見てくれている」という励みが原動力となっていますね。


(新潟県津南町のひまわり畑)

--------編集部
リゾート物件って、一般的に住まいとして不動産を購入する場合、ちょっと、遠い存在でもあるんですね。最初から投資目的とか、ある程度所有している財産や仕事柄、リゾート物件を買ってみようかなという意識にならない限り、最初から、なかなか、そこには飛び込まないと思うんです。
でも、ひまわりさんのサイトを見ると、リゾート物件もいいじゃない♪ と、明るい気持ち、自分でも買えるんじゃないか、買ってみたい、そんな憧れが湧いてくるんですね。そういった意味で、とても素敵なサイトだと思いますし、そのまま、会社、仕事を表しているような気がします。
社名が「株式会社ひまわり」ですが、こちらにつきましては、どういった由来があるのでしょうか。各支店とも、ひまわりは、育てて、咲かせているのでしょうか?

--------鈴木さん
多店舗展開にあたって上越リゾートという地域名の入った旧社名が相応しくなくなり、社長や当時の社員の間で決めたそうです。由来はあまり詳しく伝わっていませんが、当時の社員に聞くところによると、「明るい」「はつらつ」そんな意味合いがあったそうです。
ひまわりの花は、どこでも・・・ということはありません。自由です。ちなみに湯沢店の場合は、オフィスマットをお願いしている業者さんから、たまたまひまわりの種を頂いたことから、プランターに植えて育てています。

--------編集部
それでは、店長である鈴木さんのことを、お伺いしたいのですが、鈴木さんは、何がきっかけで、不動産屋さんにお勤めになったのですか?

--------鈴木さん
とても単純なんです。10年前、「転職しよう」と思っていたところに、当時の社員がWordソフトで作成した、手作りの求人チラシが新聞折込に入っていて、それを見たことがきっかけです。ただ、もともと不動産やインテリア全般は好きで、専門誌を見たり、インテリアショップに立ち寄るなど、興味はありました。

--------編集部
あっ、そうだったんですか?! なんか、求人チラシというのが、懐かしい気がしますが。その前は、どんなお仕事をされていたんですか?

--------鈴木さん
前職はスポーツ用品店の販売員として2年間勤めました。ナイキのエアマックスやアディダスのジャージなど一般の人からもスポーツ用品が注目を浴びている時代です。言ってみれば、誰でも「売れる」時代だったのですが、私は営業成績は悪く常にモジモジしていて、会社に貢献している社員とは全く違う位置にいました。

そんな私でも自分に出来ることを考え、裏方であるテニスラケットのガット張りや野球帽のロゴ張り、はたまた、商品陳列や倉庫整理・店舗整理(特にトイレ掃除)は誰よりも率先してやっていました。そのせいか、社員間からは「縁の下の力持ち」と喜ばれていました。その時の裏方の仕事が今でも役に立ち、持久力を必要とする雑務や事務作業は得意分野でもあります。

--------編集部
そうなんですかあ。スポーツ用品店から不動産屋さんって、同じ、物を売ることに変わりないですが、凄い違いがあるような気がしますし、資格も必要じゃないですか。勤めるにあたって、難しそうとか、不安などなかったんですか?

--------鈴木さん
不動産会社を希望していたのではなく、たまたま目にした求人チラシが当社のものだったこと、そして、家から徒歩で通えるという近さに応募することを決めました。ひまわりの場合はノルマや電話営業・訪問営業がなく、全てホームページや広告物による反響営業・来店されたお客様を迎える形式のカウンターセールスだったこともあり、不動産業にイメージされがちな、ノルマが厳しそう、仕事がキツそう、という不安は全くありませんでした。

--------編集部
なるほど。実際に働いてみて、現場の雰囲気、職場は、どうですか?

--------鈴木さん
楽しいですよ。営業4名、総務3名、広告1名、合計8名で、目標に向かって熱く一丸となれるチームです。平均年齢が31歳と若く、みんな気持ちがいい人ばかりで、一緒に仕事をしていて楽しいです。当社で扱っている、リゾート物件というのは、人が当然に必要とする居住用の住宅とは違い、リゾートというお客様の人生に付加価値となるものをご提供できる喜びがあります。

--------編集部
確かに、リゾート日記など拝見していますが、いい雰囲気なのが伝わってきます。鈴木さんは、女性の店長さんですが、任されて、どうですか?

--------鈴木さん
現場(支店)では上司不在の店長業。部下には部下にしか分からない気持ち・悩みもありますが、リーダーにはリーダーにしか分からない我慢や辛さ、そして孤独感もあります。しかし、私は、常に相談できる同僚(他店の店長)や、社長を始め取締役にも常に声を掛けて頂き、支えられています。幸せモノです! 楽しくやらさせて貰っています。

店長になるまでは、営業の一線でやってきました。自己最高記録(成約件数)は年間120件の売買。成約率50%強。この記録は、同じ業界(リゾート物件中古流通業)の中でもなかなか出せないと思います。特にリピーター様・紹介者様は多かったので、営業みよりにつきると言うか大変嬉しく思っています。


(店長研修旅行。フランス・パリにて)

一年を通じて10~12月が最も取引が活発になるのですが、その時期は1ヶ月に20件の物件に、売主様、買主様、合わせて40組のお客様と商談を進めるのでスピード、正確さが大切になります。お昼も食べられないことや、駅が閉まる0時ギリギリまで仕事をすることがほとんどでしたが、夢中で取り組んでいたので苦労を感じることはありませんでした。
そんながむしゃら時代があったおかげで、社会人として基礎となる筋肉・体力をつけることができ、今はようやく周囲を見渡せる余裕が多少できたのだと思います。

当時の上司からは、仕入れを含めた大切な案件などたくさんの機会を任せていただき、アドバイスを頂きながら、一つ一つの案件を全うしてきました。嘘やごまかすことをせず、なんでも真剣にそして報告や相談も欠くことなく取り組んだ姿勢が評価されたのではないかと思います。

当社は、私たちと社長や取締役との距離感が近く、分からないことを分からないと言えたり、自分が良いと思ったことを率直に提案できる環境があり、また、その提案が良ければすぐに採用してくれるところなど、社内間の風通しが良いところが、とても好きです。
男性社会と言われるこの不動産業界で、女性の私に店長という役割を与えてくれた社長や取締役の公平さが嬉しく、とても感謝しています。


(社員旅行・バリにて)

--------編集部
なかなか、女性で(自分で会社を起こした場合とは別で)不動産屋さんの営業店舗の店長さんを任せて頂けるなんて、ちょっと前までは、想像できませんでした。株式会社ひまわりさんが、リゾート物件に特化している会社だということも、理由のひとつかもしれませんね。
ある意味、「夢」や「開放感溢れる、プライベートリゾート空間のご提供をお手伝いするお仕事」ですし。鈴木さんは、もし可愛い後輩が入るなら、どんな方が良いですか? 現場の教育方針など、ありますか?

--------鈴木さん
そうですね、男女とも、素直で正直でガッツがある体育会系! の方に来て頂きたいですね。現場では、1~2ヶ月間は朝から晩まで密着して教育をします。3ヶ月目以降は「誉めて伸ばす」方法で自信を持たせてあげたいと思います。また、サポーターとして、相談役として、何でも気軽に聞きやすい環境を作ってあげたいと思います。

それから、もしこれから、不動産業で働こうと思っているなら、宅建(宅地建物取引主任者という資格)の勉強を始めておくか、合格しておいたほうがいいです。宅建は年に1回の国家試験です。宅建がないと不動産営業として一人前として見られません。社会人になってから、もしくは不動産業界で働きだしてからですと、なかなか勉強に割く時間はありませんので、この業界に入る前に時間を作って集中して一回合格を目指しましょう!

--------編集部
なるほど。やはり、宅建は必要最低限ということのようです。わたしも、いっとき勉強しようかなと思い、挫折しました。本気で、不動産業でお仕事されたい方は、勉強するのみ! ですね。ところで、湯沢店さんでは、地域に根付いた活動というのは、されていらっしゃいますか?


(苗場スキー場)

--------鈴木さん
湯沢店は、JR上越新幹線改札を出て東口へエスカレーターを降りて徒歩1分、車ですと、湯沢インターから3分のところにありますが、地元飲食店様やイベントを紹介するVITA(ヴィータ)というフリークーポンマガジンを年4回作成・発行し、リゾートマンションや観光協会そして地域の方が集まるような駅やショッピングセンターに設置しています。今後は当社が架け橋となって、リゾートマンションオーナー様・湯沢町民の皆様・湯沢町の飲食店様とのコミュニティーを作り、「VITA倶楽部」を立ち上げ、会員を募り、みんなで湯沢や魚沼で楽しめる環境を作っていきたいと思います。

--------編集部
湯沢店さんが架け橋となって、地域の発展に大きく貢献されていこうという姿勢、小さな積み重ねですけど、地域のお店の方々、お住まいの皆さんにも、きっと喜ばれると思います☆ 新潟というと、雪深い、スキー場がいっぱいある、というイメージが大きいです。あと、コシヒカリとか。わたしはスキーをしないので行かないですが、温泉地など、いつか行ってみたいと思っています。

--------鈴木さん
新潟は、思っているよりも、東京からの交通アクセスが良いんですよ。新幹線ですと、東京⇒湯沢 70分、車で、練馬IC⇒湯沢IC 1時間50分で到着しますので、意外と近いんです。有名なスキー場がいくつもある、温泉がある、交通の便がいい、この3点を兼ね備えたリゾートは、他にはない大きな強みだと思います。魚沼産コシヒカリや八海山などの有名な日本酒の名産地でもあります。


(魚野川の清流)

新潟(越後湯沢)は四季がはっきりしています。冬は“スキー” “白銀の世界” で知られていますが、春の桜も隠れた名所です。山々の残雪と一緒に見る桜はとてもきれいです。夏も青々とした山々や魚がたくさんいる透明度の高い清流、魚野川があり、泳ぐこともできます。秋には、紅葉で山々が真っ赤になる景色は、圧巻です。

--------編集部
空気や光が澄んだ気持ちの良い春や夏、燃えるような紅葉の秋。あまり知りませんでしたが、四季が楽しめる新潟、素敵ですね! 次に、ひまわりさんの、最大の特徴でもあります、リゾート物件の売買の特化というのは、とても変わっていると思います。希少価値なジャンルではないかなと思いますが、特徴など、教えてください。

--------鈴木さん
海や山など購入された方にとって趣味を活かせる場所、心身ともに癒される場所にセカンドハウスを持ち、週末や長期休みに滞在する別荘として利用されている方が多いです。また、リゾートマンションは温泉大浴場やプールなどの共用施設が豊富にあるのも特徴です。

--------編集部
バブルの時は、どんどんリゾートマンションが建ちましたよね。今は飽和状態にあると思います。買った方も買ったものの、持て余してあまり使わなかったり、手入れをしなかったり。売ろうとしても、あまり売れなかったり。そんな中、「安かろう悪かろう」ではなくて、人が使わなくなった手放したがるようなものに、再び光をあて、よさを最大限生かして、人が見向きもしなくなった物を発掘されるお仕事というのは、素晴らしいと思います。たまに、「えっ?! 大丈夫なの?」と驚くような価格の時がありますが。


(魚沼平野 コシヒカリの田んぼ)

--------鈴木さん
あ~それはよく聞かれます。特に当エリアでは15万円から取引され、中心は200万円台です。自動車を購入する感覚でリゾートマンションを持つことができます。

--------編集部
そうですよねえ。最近、海外旅行ではなく、日本国内の温泉地や観光リゾート地を楽しむご家族様が増えているような気がします。それに伴って、宿泊料のことを考え、リゾートマンション購入を検討される方が増え、見直されているようにも感じます。中古のリゾート物件を購入する際、どんなことに気をつけたらよいでしょうか?

--------鈴木さん
当社では、築年数が経っているマンションの場合は設備の故障や、売主様の権利形態が複雑になっているなど細心の注意が必要なため、事前に充分、調査することを心掛けています。

購入されるお客様は、室内の設備が使用できる状態にあるのかどうかを確認すること、月々の管理費などバランスを考えること、そして、購入後にどのようなリゾートライフを送りたいか、また、それを叶えてくれる物件はどれかなど条件を明確にしてから物件探しをされることをお薦めします。

リゾート物件をご提供している不動産屋さんは多いと思いますが、私たちが大切にしていることは、取引条件を明確化し、あいまいな部分を作らないことと考えます。売主、買主、不動産業者との、正確な情報伝達を心掛け、連絡ミスを極力防ぐ。また、レスポンスは早くスピーディーに動くことが必要だと思い、行動しています。

--------編集部
うーん。うちの編集長が、御宿のリゾートマンションを購入する時も、最初は勿論、価格に飛びついたわけですが、家賃、管理費、修繕積み立て費、税金、どんな施設があって、何が無いか、将来的な建て替え、補強・修理の予測、プラスマイナス考えて決めていましたね。勿論、わからないことは、どんどん質問しましたが、ひまわりさんからのメールのレスポンスが迅速・親切で感心したのと、契約は東京でしたのですが、とても丁寧でわかりやすく、誠実な対応をして頂きまして、印象に残っています。やはり、そういうことが、各支店さま、徹底されているのが、嬉しいです。

--------鈴木さん
ありがとうございます。私にとって、一日の大半・人生の大半を費やす仕事です。仕事がおもしろくなければ人生もおもしろくならない! 仕事を楽しむために何でも一生懸命に向かい合います。人に優しく、正義を大切にし、一度きりの人生 自分の気持ちに素直に! これが、わたしのポリシーです。

--------編集部
店長として、契約もこなし、営業もし、部下の指導もする。立派なことだなあと思います! 頭が下がります! 今回は、越後湯沢・苗場・水上のリゾートマンションの売買・賃貸仲介を専門にしている、株式会社ひまわりの湯沢店の店長・鈴木晶子さんからお話し伺いました。どうも、ありがとうございました☆ 

実は、リゾート日記を見てわかったのですが、7月に開催された、新潟県湯沢町苗場スキー場での「FUJI ROCK FESTIVAL 08」の時には、500円で手荷物預かりサービスや、トイレ無料貸し出しサービスも実施されたのだとか! 特に最終日は大盛況だったそうです。こういう、気付かないような小さなことでも、地域の人達と一緒になって皆様のお役に立てるような活動っていいですよね。これからも、新潟の素敵な宝物達(リゾート物件)を皆様にお伝え・広めていってください! 最後に、店長の鈴木晶子さんより、皆さんへメッセージをどうぞ。

--------鈴木さん
株式会社ひまわりは、社長が25歳(現在45歳)のときに創業をした、平均年齢約32歳と若い会社です。平成16年に湯沢店が本店となりました。当社はリゾート専門の不動産会社です。質・量共にリゾート物件流通の№1を目指しています。
リゾートマンション・別荘の売買、TOPシーズンだけ借りる賃貸に力を入れ、特に、自社物件は、リフォーム・クリーニング済の、すぐに使える仲介手数料不要のお得な物件もそろえています。東京から1時間ちょっと。春夏秋冬、夏には夏の、冬には冬が楽しめる、越後湯沢の大自然が満喫できます。湯沢の不動産のことや観光情報、スキー場や日帰り温泉のことなど、なんでもお聞き下さい! 親身になってお答え致します! 是非遊びにお越し下さい。

株式会社ひまわり湯沢店さんのサイト

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。