JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 家賃踏み倒しに泣いた大家さん物語・第4回 | メイン | 4年に一度の電気設備安全点検がやってきた! »

孝行息子の中古住宅リフォーム記vol.3

---------------------------------------------------------
【それぞれの想い】孝行息子の中古住宅リフォーム記vol3♪
---------------------------------------------------------

●孝行息子の中古住宅リフォーム記

●孝行息子の中古住宅リフォーム記vol.2

と、リフォームに邁進してきた大曽根さんから、
「すっかり、完成しました!」 と、お写真が寄せられました!

着々とリフォーム工事は進み、内装や設備機器の取り付けも無事終わり、
既に、お引越し済み、お母様と弟さんは入居済みだそうです。
おめでとうございま~す!! そして、お引越し、お疲れ様でした!

さて、あのボロボロの室内が、どのように変わったのでしょうか?

孝行息子の中古住宅リフォーム記、最終回は、
「リフォーム前」 に撮影した写真と、
同じアングルから撮影した 「リフォーム後」 
の写真を並べて、ビフォー・アフター形式でお送りします。

------------------------------------------------

■階段

薄暗くて、思わず昇り降りするのをためらってしまうような階段でしたが、

壁にクロスを貼り、階段床にペンキを塗ることで、明るい印象に変わりました。
さらに安全の為、手すりもつけていただきました。
クロスは、元のつくりが狭くて暗いので、白系を選び、ただし遊びは入れよう
ということで、バラのレリーフ模様が入っているものにしました。

二階の廊下部分の床も、フローリング仕上げになっています。

■浴室

全体的に清掃をし、細かい部分の補修や壁面のペンキ塗りで、
こんなにキレイに。でも、実は古い水道管を引き直したので、
見えないところで結構費用が掛かっています。

■台所

壁にクロスを貼り、床は明るめの色のクッションフロアで仕上げました。
キッチンユニットも新しいものに交換。スッキリと使い易い台所になりました。

完成後の反省点・・・床はフローリングにした方がしっかりします。
今回キッチン部分はクッションフロア仕上げにしました。
若干のコストダウンと、傷や汚れを掃除するときに楽だろう
という考えだったのですが、完成後、ちょっと失敗したなと思いました。

二階のフローリング仕上げにした部分と較べると、
床を踏んだ時のしっかり感にかなりの違いがあり、若干コストがかかっても、
全部フローリング仕上げが良かったかもねえ。と母。

やはり古い建物のため、根太や床下地があまりしっかりしてないんですね。
フローリングを張った部分だけが、とてもしっかりしてしまうために
余計にそう思えるのかもしれません。予算に余裕のある方は、
どちらか迷ったら床はフローリングにする事をお勧めします。

■洗面・脱衣室

前回詳しく書きましたが、洗面台の位置を変えて、洗濯機置場を増設しました。
入り口部分の袖壁を取り払って、間口も広げたので、
かなり印象が変わったと思います。
脱衣室の壁のクロスは、黄色系の柄物を選んでみました。

■トイレ

和式便器だったのを、新規の洋式トイレに交換。
もちろん壁もクロス仕上げになってます。
こちらのクロスは、ピンク系の柄物を使って、遊び心を入れてみました。

■二階和室

ふすま等の建具類はすべて補修・交換していただきました。

内装工事の壁紙についてですが、
壁のクロスは、見本帳から選んでいいですよ、って言われたんですが、
安く済むならなんでもいいやって思っていたので、
これがかえって難しくて(笑)

ただせっかく選べるんだったら真剣に選ぼうって、
母親と一緒にすごい議論しました。
まず見本帳を見ながら、これいいね、これもいいねって。
明るいところで見たり、暗いところで照明だけあててみたり。

見本帳を離れたところにおいて、部屋の広さはこのくらいだから、
実際壁に貼ったらこのくらいの距離で、こんな風に見える、とか。

ちなみに見本帳を手許で見たときに、
「ちょっとしつこいかな?」と思った柄でも、
遠くに離すとあっさり見えたりするので、上の方法はお勧めです。

そんなこんなをしているうちに、何度も繰り返し見直したりしてると、
だんだん何がいいのか、わからなくなってきて(笑)

基本的な方針としては、天井は照明の照り返しも考えて、
白くて、シンプルな石目調のものを。脱衣所や階段は柄物にしました。

ひと部屋は、床をフローリングにしたので、だいぶ印象が変わったと思います。

■玄関ドア

少しわかりにくいかもしれませんが、ドアのクロスを張り替えています。

■一階和室

砂壁が汚れて、かなり薄暗い印象でしたが、

壁にクロスを貼り、柱の灰汁洗いをして、
畳の表替えをすることで、ご覧の通り。
灰汁洗いですが、相手が木なので、
綺麗になる部分と、そうではない部分があり、新品同様になる、
とまではいかないのですが、それでもかなり綺麗になりました。

灰汁を洗う前は、新しく貼ったクロスと柱のコントラストが強く、
かなり柱が古く見えるなあって感じだったのが、違和感がなくなりました。

柱をペンキで塗ってしまうのも手なのですが、
自然な感じに仕上がるので、お勧めな方法と思います。

各居室の壁のクロスですが、
母と私で意見が真っ二つに分かれてしまいました。

私は部屋を明るくしたかったので、無難に白がいいと主張したのですが、
母はそれでは、退屈だからと、薄い花模様の柄物がいいと反論。

結局、実際に住むのは母親なので、少し不安に思いながらも
母の意見が通ることに。結果としては大正解。
お客が来たときに必ずほめられると、母親にとって大満足の壁紙になりました。


■外の雨戸の戸袋

建物の外観です。予算の関係で、外観にはほとんど手をつけていないので、
正直、ビフォー、アフターって感じはしないですね(笑)

大きな変更は、雨戸の戸袋。
ケイカル板を貼り直し、ペンキで仕上げてあります。
おかげで少し、外観がスッキリしました(^^)

仕上げてしまえば、ケイカル板なのか、ベニヤなのかわからない感じですが、
5年~10年先の痛み方が違うとのことなので、この先が楽しみ(?)です。


■業者選びのポイント

今回私が業者を選ぶ際に気をつけたポイントをいくつか挙げると、

  1.広告をいっぱい出している業者がいい業者とは限らない。
  2.アフターケアなどの事も考えると地元の業者がいいかもしれない。
  3.分かりやすい見積もりを出してくれる業者を選ぼう。

以上3点を考えて、業者選びを行いました。

まず、テレビCMや、折込チラシなどでいつも目にする業者は、
それだけの広告費を常にかけて、経営をしているはずです。

その費用は、やはりリフォーム代金に乗ってくるであろうと考えました。
また、遠方の業者では、まず工事に来るだけでも交通費が多くかかり
移動の時間分だけ、大工さんも仕事の時間を削られてしまいます。
さらに先々のアフターケアや修繕も考えると、遠方の業者さんは考えものです。

以上、2点を考えて、地元の工務店さんで、あまり大手でないところを
インターネットで検索しました。

ホームページに載っている施工例や、スタッフさんのブログなどがあれば、
それも拝見して、この人とは話がしやすいだろうなという業者さんに
数件あたりをつけて電話をかけて、見積もりをお願いしました。

見積もりも、各部位ごとに、こんな工事をしますというのを
詳細に出していただいて、予算の中で、これはやる、これはやらない
という形で選ばせていただきました。

このあたりの話を事前にしっかりとやっておく事で、
余計な費用がかかることやトラブルをかなり防げたのではないかと思います。

業者さんにとっては、細かい見積もりを出す事は、大変手間のかかる事なので
そのあたり、しっかりやっていただいた業者さんに
最終的にお願いする事にしました。

今回お願いした工務店さんには、本当に少ない予算(笑)の中で、
いい仕事をしていただいたので、大変感謝しています。

何年か後になるとは思いますが、いずれ修繕の話が出てきたときにも、
こちらの工務店さんにお願いしたいと思っています。

●編集部●
いざ、工事が行われると、実際、早いものですね(驚*)
でも、こうやって綺麗になって見違えて、
お母様が喜んでくださって、ほんとうによかったですよね!

やることが決まってしまえば、あとは簡単です。
ただし、「何をどうするか決める」までが肝心です。

工務店さんは、ほんとうにいっぱいあります。
知らないだけで、近所にも意外にあったりします。
でも、自分がどのくらいの予算がかけられて、
どこまで手を加えたい、これだけは修繕したい、
ここはキッチリしておきたい、などのポイントを整理し、
それが、実際お願いすると幾らになるのか、
細かい作業ではありますが、ここを手を抜かないことが、
「満足、納得行くリフォームに繋がる第一歩」かもしれませんね。

それと、プロの工務店さんに聞くからこそ、わかる、ということも
多いと思いますので、高くぼったくられたら嫌だな・・・と
躊躇せずに(無理なら断ればいいのです)、率直に
プロに訊いてみる、相談してみるのも、方法ですよね。

大曽根さん、おいそがしいところ、貴重な中古住宅リフォーム記、
お送りくださいまして、どうもありがとうございました☆
皆さんも、是非、リフォームの際は、参考になさってくださいね!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/20242625

孝行息子の中古住宅リフォーム記vol.3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。