JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

家賃踏み倒しに泣いた大家さん物語・第8回

--------------------------------------------
家賃踏み倒しに泣いた大家さん物語・第8回
--------------------------------------------

001

(4コマ目については漫画のオチとして書いたフィクションです)

8、荷物と引越しの問題
強制退去の問題点は 「人」 と 「荷物」 の2点です。
まず 「人」 については、ちゃぶ~が前もって
娘夫婦のもとに足しげく通い話を通してました。

「もう、面倒見切れない。そっちで何とかしてほしい」
の、いってんばりの娘夫婦に
「うちに甘えないでください。それは筋違いですよ。あなたの親なんです。
 散々、あなたに迷惑をかけたかもしれませんが、
 他人にも迷惑をかけ通しできたんです。
 滞納家賃の支払いは本人に払ってもらいますから
 身元の引受だけはしてもらえませんか?」
と懇々と粘り強く説得し、時間をかけて了承させ、
退去後の転居先を娘夫婦宅にすることに事前に決めたのでした。

こうして、約束の強制退去の日はまず 「人」 が出ていきました。
ちゃぶ~はちゃんと “鍵” を受け取りましたが、 
「荷物」 はまだ部屋に残ったままでした。

次の問題点が 「荷物」 です。
勝手に大家さんや不動産屋のほうで処分するわけにはいきません。

かつら大根氏はこの期に及んで
「自分で引越し屋を手配する!」とごねます。
そこで仕方なく、本人に手配をさせましたが、
ちゃぶ~はしっかり引越し業者に事前に根回しをしておき、
「家賃滞納者で、強制退去になった問題人である。」ことを伝え、
何かあったらスグに連絡をもらえるよう提携し、
かつら大根氏には伏せたまま、引越し当日を迎えました。

ちゃぶ~は早朝からアパートの前で待機。何かあっては困るからです。
すると引越し業者から
「代金先払いでないと作業を始められないんですが…」
と連絡がきます。
(引越し屋さんは訳有り作業の場合、先払いになるそうです。)

かつら大根氏は娘夫婦宅から
「明日になればなんとか金ができるから明日にしてくれ」
とさらに虚言を重ねます。
普通ならここで苦々しく思いながらも待ってしまうかもしれませんが、
そんな手はもうちゃぶ~には通用しません。

「かつら大根さん?もう、わかりませんか? 私は、本気なんですよ。
 大家さんや、うちに甘えるのはもうやめてもらえませんか。
 あなたの荷物が最後の一つまで、この部屋からキレイに失くなるまで
 私はあなたをとことん追い詰めますよ。私は覚悟が出来ています。」

ついに観念したのか、かつら大根氏、
引越し代金を持ってアパートに姿を現しました。

こうして無事に引越し業者に代金が支払われ、
日が沈む前には、かつら大根氏指定の 「トランクルーム」 に
部屋の荷物は跡形もなく運ばれました。

大家さんの泣きの委任状から、約2ヶ月。
かつら大根氏自身と、荷物の強制退去が終了したのでした。


・・・第9回に続く!

家賃踏み倒しに泣いた大家さん物語・第7回

--------------------------------------------
家賃踏み倒しに泣いた大家さん物語・第7回
--------------------------------------------

001

(4コマ目については漫画のオチとして書いたフィクションです。)

7、家賃滞納常習者との戦い

ちゃぶ~は不動産屋さんです。探偵ではありません。
しかし、相手を調べてからでなくては動けません。
だいたいのかつら大根氏の一日の行動パターンというのを
近所から張込み調べました。そして、何度もコンタクトを取り接触します。
会えない日もありますが、粘り強く会えるまで通い続けます。
朝も昼も夜も、、、食事の時間も惜しむことなく張込みます。
相手も時間も待ってはくれません。会えた時、一分一秒が大切なのです。
会えた時は、退去の話を伝え、話の内容を録音し、
書類にも署名・捺印させますが、かつら大根氏はいつものように気軽に署名し
「いついつまでに、債務を整理してお金を払う」
と口先手先だけの約束をします。

その間に大家さんから “内容証明” を何通か送ってもらい、
裁判所から “督促状” の通知を出してもらう手続きもお願いしました。
この “督促状” は裁判所が債権者に代わって
債務者に通知してくれる制度で裁判で判決を得なくても出せます。

かつら大根氏の今までの滞納生活を調べてみると、
家賃滞納⇒裁判⇒ぎりぎり居座り⇒強制退去&滞納家賃払わず
・・・の、繰り返しです。このことから、
かつら大根氏はこの督促状を受け取るというのは初めてのはずで、
「今までと違って本気なんだ」 ということを思わせるように、
ちゃぶ~が仕掛けた心理作戦でした。

こうして、執念深い張込みと内容証明や督促状で、
今まで経験したことがない、味わったことのない方法・・・
軽いジャブを出しつつ、プレッシャーをかけるやり方で、
毎日のようにかつら大根氏を追い詰めていったちゃぶ~。
生活保護も提案しましたが、なぜか、プライドがあると拒否。
頑として受け入れない姿勢です。

こうして、最終的にちゃぶ~が取った秘策は “○×△□” !!

「大家さん!○×△□をしましょう!
 ○×△□なら多少費用はかかりますが、裁判のように時間をかけずに
 法的拘束力と即効性のある実行力を持たせることができます!!」

「○×△□!? ちゃぶ~さん、本当に○×△□で、
 かつら大根氏は出ていってくれるかしら・・・??」

「大丈夫です。ここまで取り組んできた様々な心理作戦が
 効いている今だからこそ、○×△□に効果があるんです。
 お膳立てはすべてやります。ぜひ、○×△□をしましょう。」

「・・・わかりました。もうここまできたら
 私には何のアイデアも浮かばないですし、
 ちゃぶ~さんがここまで一生懸命やってくれるとは
 思ってもいませんでしたから、もうすべてお任せします。
 よろしくお願いします!!!」

こうして、ちゃぶ~は事前によく調べて○×△□のお膳立てを
入念に行い、家賃滞納者の盲点となった方法で見事、
かつら大根氏を強制退去に追い込むことができました!!

※方法名称等、個別にお問合せ頂いてもお答えできませんので
  ご了承下さい。方法を明記することで滞納常習者が
  避けて逃げる為の対策手段を見つけられては困るからです。

・・・第8回に続く!