JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« その火災保険、見過ごしていませんか? | メイン | トップに戻ります »

給水管更生工事の現場レポートです♪

家のタネ、2010年、2回目のレポートです。

編集スタッフ、チヨコの住んでいるマンションで、このたび、
給水管更生工事というものが行われました。
滅多に無い工事だと思うので、「写真撮っていいですか?!♪」
と許可を貰って、激写しましたので、レポートさせて頂きます~♪

我がマンションは、建設されて10数年以上経過していて、
修繕計画などもろもろあるのですが、
その計画のうちのひとつが、この「給水管更生工事」でした。
わたしは実際に水道の蛇口から水を飲んでいませんが、
最上階の部屋では、確実に「赤水で飲めない」という苦情が
ちらほら出始めているそうです。由々しき問題であります・・・。
さて、給水管更正工事って、なに? ということになりますね。

答えは、こちら。↓

私達の生活に欠かすことのできない、かけがえのない、とても身近な「水」。

この「水」は、水道管を通って供給されていますが、
水道水の中には、減菌のために、塩素が含まれています。
この塩素と、空気中から溶け込んだ酸素が
水道水を侵食し、鉄と接触し反応することにより
酸化鉄、すなわち「錆」を発生させてしまいます。
この錆は、水中の成分と複雑に反応し、「錆コブ」を形成します。
これがいわゆる「赤い水」の原因であり、更に流水量の減少
(水の出が悪い、湯沸かし器が着火しない等)の原因になります。

この管内に発生した錆を圧縮空気によって研磨剤を送入して落とし、
次に特殊樹脂(二液性エポキシ樹脂)塗料を管内に塗布することにより
錆の発生を防ぎ、水質を良くし、水の流れを円滑にすることが目的です。

・・・と、工事説明書に書いてありました(笑)
何のことやら、わけわかめでございます。

とにもかくにも、
「二日間、水が出ないし、お湯も使えない」
「工事日程は、上の階から、順繰り割り当てられるので、
 こちらの要望がきかない(予め希望は出せるが)」
「初日は、とにかく業者さんが行ったり来たりするので在宅しないといけない」
「台所、トイレ、浴室廻りは片付け、綺麗にしておかなくてはならない」

ということだけが、頭痛かったです!

前日、大慌てで、片付け、掃除した、ミニキッチン。
ワンルームでございますゆえ、必死に食器棚など移動しました。
キッチン下の左の棚(包丁がささってるところ)の
奥板をはずす、と説明会で聞いていたので、必死に綺麗にしましたよ;。
中に入ってた調味料とか全部、どかしました(笑;)

きっちり朝9時には工事業者さんがいらして、
まずは玄関⇒廊下⇒浴室&トイレ⇒洗濯機⇒キッチンまで
青い養成シートを敷かれる。冷蔵庫(とレンジとトースター)を
動かすよう言われないか心配でしたが、そのままでOKで一安心。(ほっ。)

トイレと浴室もシートが敷かれる。
明日まで水が使えないので、予め、浴槽にトイレ用の水を貯めてます。
(結局、キッチンの下の奥板ははずされませんでした)

それぞれ各水栓口の数だけ、ホースをつなぐ金具を装着。

そして、各水栓口の数だけ、ホースが接続されていきます。

ただせさえ、狭いワンルームが、蛇のようなホースでより一層狭く感じます。

玄関ドアの外側にある「パイプシャウト」
(ガスメーターや、水道メーターが入っている扉)
と、空気ヘッダーとの間を、このようにホースが繋がれる。

まずは、管内の水抜き作業。

一瞬だけですが、赤い水が通ったのに気付きました! げげげえ~!!!

水抜きして、空っぽにさせたら、管の中を乾燥させます。

次に、圧縮空気によって、研磨剤を送入、管内を研磨して錆を落とします。

この砂粒のようなものが、研磨剤のようです。

次に、「ライニング工事」に移ります。
まずは、ホースを全部、白いものに変えてゆきます。

しっかし、シートを敷く⇒金具付け替え⇒ホースつなげる⇒水抜き乾燥⇒
研磨剤で錆落とし⇒ホース付け替え・・・と、全部流れ作業で、出たり入ったり。

見ているこちらは、全部はじめてのことなので新鮮で楽しかったです!
工事の方は平然と「いつもやってるから、慣れちゃいました」と
話してましたが、滅多に見れないことなので面白かったですよ!

作業にあわせて、一緒になって
廊下にちょいちょいでて写真撮ってたら
「ホースとかあるので、足元気をつけて下さいね」と
笑顔で注意頂いてしまいました;。
「邪魔だなあ」と思われたかもしれません?ごめんなさいね;

この赤い液体が、特殊樹脂(二液性エポキシ樹脂)。
錆の発生を防ぐ、ライニング塗料です。

流し込み、各給水栓口全部に到達し、固まったことを確認するのに、
工事の方が出たり入ったり。

中が見える白っぽい透明のホースなのですが、
素人から見ると何が何だか、さっぱり(?)
さすが工事の方は見てわかるのですからベテランですね。

慌てず、騒がず、淡々と・・・

じっくり、慎重に確認されています。

最後、また、元のホースに付け替えて、空気を送って乾燥させます。
一日目は、ここまで! ホースやシートも全部とりはずされ、
だいたい、5時間くらいかかりましたでしょうか。
終わり際、トイレにいきたくて、我慢するのが大変でした(汗;)
ずっとドア少し開いてて、何度も何度も出たり入ったりしてたから
からだが少し冷えたみたいで、水分取ってなかったのに、
終わるとわかった途端、トイレ行きたくなって参った;
「早くして~早くシートはずして~早く金具つけて~」
と、祈るような気持ちでソワソワ小躍りしていた、怪しいチヨコ(笑;)

最初の、敷いて金具つけて。。。の時は、
あんなに楽しかったし、時間もあっという間に感じたのに、
最後、もう、シートを仕舞うのも、金具付け替えるのも全部が全部
遅く感じたし、時間が長く感じた。人間、生理現象には厳しいものです;。

しっかし、見れば見るほど(短時間ですけど)
作業内容が把握できれば、同じことの繰り返しというか、
単調な作業の積み重ねなので、確かに何度も見てると飽きるかも(苦笑;)
でも、そこで気を抜かず、きちんと作業して頂き、寒い中ありがたいことです。

エアコン工事にしろ、スカパー工事にしろ、何でも
「それをするまでの下準備と
 終った後、元通りにして、すぐに使えるようにする工程」
というのが
えっらいこと、めんどくさかったりしますね!
(配線切ったり、巻いたり、通したり、とか、金具やホースの付け替え等)
でもそういう細かくてメンドクサクて地道なことをコツコツやってくださる
そのようなきちんとした業者さん方々のおかげで、
私たちの生活成り立っているわけです。ほんと、感謝ですね!

玄関外に、「仮設給水栓」を用意していただきました。
お水を使う必要がある場合は、これを使って下さいと。
ただ、この延々と長いホースを部屋内に入れるより、
バケツでここで水を汲んで使ったほうがいいとアドバイス頂きました。
なるほどね。でも結局、使いませんでしたけど(笑)
浴槽にトイレ用の水を汲んでおいたのでそれで用が足りましたし、
予め、飲料水は確保してありましたから。

翌日の工事の希望時間を訊かれて、
「何時でも構いません、工事の方の都合に合わせます。
 他の部屋の時間帯に合わせてもらってもいいですし」
と返すと、
「皆さん、朝イチで復旧して欲しいという依頼が多いので・・・」と苦笑。

「では、一番最後でいいですよ」とお返事すると「助かります!」と笑顔*

翌日、午後1時に復旧作業(水がちゃんと出るか、
お湯(給湯機)がちゃんと出るかの確認)がありました。

最初、お湯が出なくて、作業員さん、焦ってましたが(笑;)

※稀に、この給水管更生工事をきっかけに、
 お湯が出なくなることがあるそうです。
 その場合は、原因を探るべく、調査をしてもらうことになります。
 いちおう、10年保証かかっているので、そこまではやってもらえるそうです。
 でも調査の結果、「老朽化」で、しかも
 「昔の部品で、現在作ってなくて、修理不可能」の場合は
 「オーナーさんが自腹で給湯機を買換え」するしかありません!
 そうなると、部屋のオーナーさんは、痛い出費です!!

何度か行ったりきたりしているうちに、お湯が出ました!
「燃焼マーク」もばっちり♪

無事、水道水も、綺麗になりました!

最後に、素朴な疑問で
「この給水管更正工事って、何年くらい持つんですか?」
と質問すると

「10年くらいですかねえ」との回答。

10年?!
また10年後に、この工程繰り返すの?!(驚*)

まああ~、その頃、一体どうなっているのかわかりませんが
(マンション全体の修繕積立金が果たしてどうなっているか、ですね)

何はともあれ、無事に事故なく、怪我無く、終了して良かったです!

結果的に、70数室あって、工事しなかった(できなかった)のは
4部屋だけでした。上出来だと思います!
もっと工事できない部屋、多いかと思ってたので!

やはり、玄関ホールで、毎日「工事内容」が張り出され、
自分の部屋番号だけ「工事して無い」のが目に見えてわかりやすかったのと、
毎日毎日、コンプレッサー(圧縮空気を送る機械)の大きな音が鳴り響き
各階の廊下にホースだの空気ヘッダーだの点在し
「どうみても、この機会に一緒にやってもらったほうが楽そうだよね」
という雰囲気漲ってましたから、良かったです(万々歳♪)

今回工事しなかった4部屋は、給水管を綺麗にする工事は自費になります。
組合では負担しません~。勿論、この4部屋分は、組合が出した費用から
戻されます。

そうだ、うちはマンションでしたから、強制的にというか、
修繕積み立てがあって、計画があって、実行できましたが、
他のマンションとか、普通の一戸建てのお家は、
給水管の清掃って、どうなるんでしょうね???

これ、お隣さんの部屋の。ライニング作業の時かな。
微妙に傾いて、倒れないの! 
しかも、あの白い軍手、中が膨れてパンパンで
「ぶーん」という音にあわせてかすかに揺れて振動、
小刻みに震え、手振ってるみたいなの! 見てて、愉快愉快!(笑)

いやあ、いろんな音がグオーグオードードー、ブンブンズンズン、
面白いように鳴り響く新鮮な工事でした。綺麗な水が飲めて嬉しいです。

寒い中、工事くださった業者さん、どうもありがとうございました!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/23596660

給水管更生工事の現場レポートです♪を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。