JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

« 住井君の雨漏り体験記・後編 | メイン | 不動産業者だって、落ち込みます? »

不動産業者とお客様のキャッチボール

最近、寄せられる不動産相談を読んでいて感じるのは、悪質な業者による詐欺まがいのトラブルというよりも、業者と利用する側の方(借主、買主など)の間の、不動産というより、人と人同士の間の、もっと日常的な、最初は些細な、ちょっとした行き違い、すり合わせ不足から、不動産という特性上、段階を踏んでいく中で、事態が大きくなってトラブルになっている可能性が大きいような気がしてなりません。

この三月、四月は、卒業入学、転勤等、新居への引越し、入居に際してのトラブル、相談が、特に増える時期です。そこで、よくあるトラブルに陥らないための、注意点をまとめておこうと思います。(借りる方=買う方も同様でお読みください)

引越しというのは、生活が変わる一大イベントであり、お金もかかるし、タイムリミットもあるとなれば、誰であっても、気持ちが高揚し、平常で、落ち着いた判断ができないことも多いです。
そのような中で、部屋の内見ができぬまま、言われるまま、予約金、手付け金を払ったり、必要書類や、支払う費用の明細、重要事項説明の有無など不明瞭なまま進み、最終的に納得がいかない状況までいってキャンセル。キャンセルとなれば払ったお金はどうなるのかなど、借主側の精神的、金銭的負担が大きくなる場合があります。

借りる方、買う方は、不動産業者が説明してくれるはず、間違うことは無いと思い込んで、自分から質問したり不安や不明点があっても訊かない、説明を催促することなく、曖昧なまま進めてしまうことが多いです。あとになって「実は、こうだと思っていた」と「業者に騙された気分」となり、認識のずれが発覚します。
また、自分の予定や要望を、前もってしっかり伝えているようで伝わっていないことが多く、自分の都合を優先してもらえなければ、自然と、不信感を抱く結果になります。
これは、不動産業者に伝わっていないと、そもそも、業者のほうで便宜をはかれませんので、希望があるのであれば、遠慮せずに、臆することなく、毅然と、どのくらい大事で優先したい事項なのかを、伝わるように説明していく必要があると思います。だって、お金を払って借りる、買うのは、誰でもない、自分なのですよ。

不動産業者の皆さんは、借主の要望に応じられるか否か、きちんとその都度、ひとつひとつ、理由や根拠を説明していく姿勢が大事だと感じます。
目の前に居るお客様と、しっかり意志の疎通、連携がはかれているかを常に振り返ること。自分(自社)の都合も当然あるとは思いますが、借主が、何を希望していて、どこまで納得していて、何がわかっていないか、きちんと伝わっているか、勘違いされていないか、要所要所で、確認し、明確に明瞭にする。怠れば、自分や自社にクレームとなって返って来る可能性がありますし、その小さな積み重ねによって、信頼に繋がる、導かれる結果になるのですから、慎重に慎重を重ねても、まだ足りないくらいが調度良いと思います。
借りる方も、同じように、気になった時点で、早め早めに、率直に、不動産業者に確認する。意思表示することが重要でしょう。

人は間違うこともありますし、勘違いすることもあります。聞いているようで聞いていない、わかっているようでわかっていないことは多いです。お互い様な部分でもありますので、小さなうちに、早くその行き違いに気づいて、感情的に引きずらず、柔軟に、ではどうしていくのか、どういう方法があるのか、どこまでが許容範囲なのか、臨機応変に補正していく、その都度対処していく心がけが何より大切だと思います。

結局のところ、キャッチボールみたいなものと思えば、わかりやすいでしょうか。
お金を払ってお願いした以上、その業者を選んだのは、自分であるということです。相手がとってくれない、投げてくれない場合は、とれるようなボールを投げるか、近づくか遠ざかるか、こうして欲しいと要望を伝えて相手にも動いてもらう、ふたりが協力して改善していくことで、適切な状態を作り上げる努力をしていくしかありません。

もちろん、これは、業者がお客様を相手にする時も同様でしょう。こちらの言い分をきくのが当たり前と、ふんぞり返っていると、相手は間違いなく背を向け去っていきます。お客様の要望を訊いた上で、譲歩しあうことも時には最善に繋がります。

互いに気持ち良く、なすべき事(引越し&仕事)が出来るよう、相手任せにせず、自分もしっかりしようと自立した意識があれば、トラブルを未然に防げる第一歩になるのではないかなと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/28104483

不動産業者とお客様のキャッチボールを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。