JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

交渉の達人 Feed

【交渉の達人】細かい部分と細かくない部分

 事業用賃貸契約のお話しですが、
  http://fs.emaui.info/2006/12/post_20f5.html
 の細かくチェックしようとする姿勢に関しては、
 通常の売買の方であっても、見習う点もあると思います。

 ただ、契約書に盛り込むべき内容に関しては、あまり限定的な表現を書くことは、
 実は、かえって自分の首を締めることにもなります。
 今回も交渉の結果、「返却時に新品に交換する」という一文が追加されたなら、
 本来の希望である
 「元々あったカーペットを綺麗に保管して、返却時に元に戻す」
 ということができなくなってしまいますからね。
 細かい契約書のチェックは重要ですが、
 柔軟に対応できる部分を残しておくことも必要なんです。

 むしろ、何よりも大切なのは、
  ●借りた時の状態を記録しておくこと
 です。
 超独断&偏見&私見ですが、
 正直、この部分、不動産業界は「工夫が足りない」と思います。

 以前、私がレンタカーを借りた際の話ですが、
 借りる前に、既に傷になっている部分などがリストアップされており、
 確認時に、さらに追加で発見した場合、それも記載しました。
 こうすることで、
 「傷つけたでしょ?」
 「最初からついていたよ!」
 なんていう、あらぬ誤解を避けられるんですよね。

 本来、賃貸物件でしたら、こういうことができていて「当然」だと思いますが、
 まぁ、建物全体を細かくチェックすることが難しいという状況もあるでしょう。
 そこで、今回のアドバイスのような自己防衛、つまり、
  ●自分で借りた時の状態を記録しておくこと
 が、面倒くさいとは思いますが、退去時のトラブルを防ぐ大きな武器になります。
 ですから、ご覧になった方は、是非、試してみてください!!!

【交渉の達人】交渉について

 いつもアドバイザーとしてお世話になっております高原開発の涌井さんが、
 交渉について、非常に上手いことをおっしゃってます。

 「これは決して理想的とは言えないことなのでしょうけれど、
  『正しい事でも、時には曲げることも必要』
  なのです。
  正しいから…、間違い無いから…、もし、それが間違いなく正しいとしても、
  言い張るだけでは、世間は渡れないし、生き抜けないのも事実だと思うのです。
  相手を如何に説得するのか…が、必要なんですよね。
  如何に、自分の方に引き寄せるとでも言いましょうか…。
  交渉は喧嘩腰になった方が負けなんですよ。
  当りが柔らかい方が、交渉はスムーズなんですね」
      (高原開発・不動産ブログ:「ネット社会の将来性と問題について(7)」
        http://kogen.biz/msm/ms/category/zatsudan/net/1165834614.html
       のコメントより抜粋&編集)

【交渉の達人】中古の設備には注意しましょう

 多くの人が「瑕疵担保責任」について、
  ●手に入れたもの全てに対して、不具合があったら、責任を取ってくれる
 って思ってるような気もするんですが、そうじゃないんですよ。

 中古物件の場合は、特に電化製品、
 例えば、ウォシュレット、浄水器、エアコン、照明器具などは、
 保証することが明記されていない場合は、ほぼ、保証されません!

 考え方としては、
  ●建物 → 建物(ハコ)そのもの
 って感じで考えておいた方が無難です!
 (つまり、柱がぐらついて建物が傾いた…とか、細かいパーツじゃなくって、
  建物そのものに関係する部分の責任に特化している…みたいな?)

 最近は、オール電化物件の給湯機、IHコンロ、さらには、床暖房、サウナなど、
 色々な設備があります。
 パッと見、
 「こんなものまでついてて安い!」
 って思っちゃうでしょうが、
 旅行先のホテルじゃないんだから、
  ●住み続けていくこと
 を前提に考えることが大切。

 つまり、
  ●これらが故障したら、どうなるの!?!?
 ってことを、きっちりと確認し、
 確認した内容を、契約書や重要事項説明書に、追加していくことです。
 (こういう付帯設備の保証のチェックは、新築物件であっても超重要です)

 な~んて言うと、かなり面倒だと思う人も多いと思うんですが、
 実は、こういうチェックをしておけば、「価格交渉」しやすくなるんですよ。

 例えば、契約前に不具合を発見した場合、
 売主さんに事前に直してもらうのも一つの方法ですが、逆に、
  ●壊れている○○は自分で何とかするから、××円にして!
 って言い方もできるはずです。

 不動産は一点もの、特に中古であれば、状態は千差万別!!!
 安易に契約しちゃあ、絶対にダメなんですよ。
 全部、仲介業者さんや売主さん側に任せるんじゃなくって、
 特に設備の修理費なんかは、積極的に自分で調べて勉強していくことも大切です。