JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【家のタネ】 バックナンバー

【JBA】 不動産プレスリリース

公開単行本

  • http://book.buyers-agent.or.jp/

    ローコスト住宅にチャレンジ!!  700万円台で注文住宅を建てた―マイホーム建築奮闘記― 話題の単行本を完全公開していきます

8-b.話題の現場 Feed

【話題の現場】秩父 どこいくべぇに魅了♪

11月6日に、アートサイトのほうでお世話になっている、
作家さんの展示会を取材&鑑賞しに、特急レッドアロー号に乗って、
埼玉県の秩父に日帰りで行ってきました。

西武秩父駅です。この日は、いい天気でした~♪

ん!? タクシー乗り場に、ぽんぽこ狸が!

可愛い~♪ もういっきに、気分は観光ですw

仲見世どおり。ここは朝は早くからやってるそうですよ。
ここを通り抜けて、御花畑駅へ向います。

ほほう?「どこいくべぇ」というオブジェがあるらしい。しかも100箇所も!

これが、その「どこいくべぇ」です。ご当地マンホールとか大好きなので、
こういうの、たまりません、大好きです♪

「運をつかむ大太鼓」公園の脇にありました。
近くには「秩父市歴史文化伝承館」も。

「天狗の羽団扇」ここ、大きな木の根元でした。
ここを左に曲がり線路を渡れば、御花畑駅でした。
しょうみ、歩いて5,6分? 凄い近かったです。

ホーム改札でて、すぐ立ち食い蕎麦屋さんがあって、
そのカウンターのスグ脇にこれが置いてありました。
おつゆのいいにおいが・・・(笑)

このあと、いろんな「どこいくべぇ」を見つけましたよ。

「朱雀」

「白虎」  あああ~堀内孝雄さんの「愛しき日々」が流れちゃいますw

「青龍」 たまりませんねえ。竜好きとしては♪

「片山医院」だったかな。綺麗な立派な建物。
ここの隣が「ベルク」という大きなスーパーでした。

「運を呼ぶカメラ」 これは笑いましたw
これがあったのは、「パーラーペガサス秩父店」というパチンコ屋さんでした。

「恋のお願い」 だから、鯉・・・。立ってるところがいいですねw

「小池煙草店」と履き物やさん。煙草屋さんの建物、いいですね~*
ここらへんは、地面が石畳(?)になっていて結構車どおりがあるのですが、
車が通るたびに「ぱたぱたぱたぱた・・・」と音がするので、面白かったです。

安田屋という、味噌漬のお店の隣は「食堂パリー」古い建物で、立派です。
こちら、普通に営業しているそうです。びっくりです!

秩父写真館という、写真屋さんと、白い建物は、お花屋さん。

カメラのヤマギシさん、あたりだったかな。
「幸せの銀のボール」 これ、最高にツボです♪♪丸いよ~***

この日取材した先は、「ギャラリー西瓜堂」さん。
着物(秩父銘仙)と骨董と俳句とギャラリーが楽しめるカフェ。
毎週火曜日お休みで、11時から19時までです。

西武秩父駅から、ここまで、歩いて10分ちょっとでしたかね。
ちちぶサイダーを頂きました。美味しかった♪
このギャラリーの建物は、昔は、達磨屋さんだったそうです。
当時のお写真が飾ってありました、素敵です!

取材のあいまに、大通りに出てみました、古い建物多いです。
そして、「どこいくべぇ」も、何点か、撮ってきました!

「開運の剣」

これなんだったか、メモるの忘れました。うっかり。
でも、よく撮れてる~♪うっとりです♪

このあと、ぐるっと回って、秩父神社にも寄りました。
こちらは、秩父神社付近で見かけたような。「つなぎの龍」

こちら、大通りに戻りまして。結構大きいんですよ。
童子なのに、でかい(笑)どうみても、サッカーボールに似ている・・・w

「知恵の鉛筆」 これ好きです♪ しかも、ぐるぐる回るんです! 
おもしろすぎです~♪ ぐるんぐるん回してきましたw

さすがに、疲れたので、商店街に戻り、お団子をいただきました。至福の時♪

なんっか、この、眠り猫(?)がねえ、いい感じなんですよ。
つるつるに黒光りしてて、いかにもご利益ありそうな。撫でてくればよかったw

こちら、「中村屋」さんという、和菓子屋さん。お団子美味しかったです!
帰りに閉店ギリギリに駆け寄ってお土産買わせて頂いたのですが、
試食までさせていただき、甘くなくてびっくり。
「秩父は水が綺麗だから、美味しいのよ~」とおっしゃってました。

しかも、取材した「ギャラリー西瓜堂」さんとは、お知り合いだそうで、
西瓜堂さんが、プレゼントした品が中村屋さんに飾ってありまして、
中村屋さんの雰囲気にぴったりあっていて、素敵でした☆


いやあ~。秩父は、実は二度目なんですが、
以前は2005年夏に車で3泊4日の旅だったので
今回は電車でひとりですからね。実感がまた違います。
しかも、前回のときも「どこいくべぇ」に魅了されて
写真いっぱい撮ってましたw
(意外とすぐ近く(??)を行ったり来たりしてたのかも)

以下、2005年の時に撮った「どこいくべぇ」です。

この「どこいくべぇ」、100箇所あるそうです。
まだまだ、他にも見てないのがあるってことですね。
いつか、「どこいくべぇ」全制覇したいです! こう、ご期待☆


●ギャラリー西瓜堂さんのHP⇒ http://suika-do.com/

●中村屋さんのHP⇒ http://www5b.biglobe.ne.jp/~okasiya/

●2005年に秩父に行った時の写真アルバム
 ⇒ http://1ldo.com/titibu.html
 2005年に秩父に行った時の、旅行記  
 ⇒ http://1ldo.com/marble-hime/titibu.html

【話題の現場】東京都美術館の丸いオブジェ

【話題の現場】東京都美術館の丸いオブジェ

4月11日に、アートサイトのほうでお世話になっている、
作家さんの版画展を鑑賞しに、上野の東京都美術館に行ってきました。
ちゃんと行くのは、初めてかもしれません。
この日は、平日、金曜日だったのに、ずっと天気が優れず、
久しぶりの晴天&ぽかぽか小春日和で、人出がぐっと多かったです!

さっそく、マンホールチェックです(笑)
高圧線(?)桜ですかね。東京都は全部これなのかな??

国立西洋美術館では、『ウルビーノのヴィーナス』展が開催中で、
どどんと看板が!!ちょっとびっくり!
ちょうど、新日曜美術館でも放映されてましたっけね。
5月18日まで展示中のようです。

さて、目的の東京都美術館に行くまでが、誘惑の嵐でしたよ(笑)
道端で演奏してる方や、桜も咲いてて綺麗だし、中央にある大きな噴水は
絶景の撮影スポットで、たくさんの方がカメラをかまえてました。
公園ではお散歩中の人がいっぱい、のどかにベンチに腰掛ける人もいっぱい。
寝てる人もちらほら・・・。猫もおちおち寝ておられず、さっさか移動してました。

そして、東京都美術館に着くと・・・・

なんですか!!!この丸いオブジェはーーー!!!(歓喜*)
思わず激写っす!!

丸い。ほんとーーーに丸い。
ここまで丸いと、嬉しくて、しあわせな気持ちになります。
自分がしっかり、映っているので、
映っている自分を見ながらオブジェの周りを走り
「あははは~☆どこまでも丸い~!」
「ずっと映ってる~☆(当たり前ですね;)ひゃはははは~*」
と笑っている、わたしは、
多分、どっから見ても、あやしさ満開だったと思われます(汗;。)

【話題の現場】六本木の名物オブジェ

東京で有名なのは、新宿、渋谷、銀座かと思ってましたが、
最近では、やはり、六本木なんでしょうか?
昨年、秋に東京港区六本木にギャラリー取材に行ったのが、
初めての六本木上陸でございました。
訪れたのはGALLERY TOKYO BAMBOOさん
1970年代に建てられたフォトスタジオを改装されたギャラリーで、
とっても広くて綺麗な天井が高いギャラリーさんです。
お隣がすぐ、乃木坂スタジオでした。

さてさて、田舎から上京してきた身にとって、六本木といえば、
外国人が多い、大使館が多い、企業が多い、森ビルがある、
そして、六本木ヒルズ!くらいの情報しか知りませんでしたので、
自分には縁がないと思っていた六本木にギャラリー取材で来るとは、
自分でも驚きです。とりあえず、六本木に無事辿り着けるか。
問題はここです。地下鉄大の苦手の編集部・ちてな。
怒涛の1日が始まりました。

まずは、
「永田町」で、半蔵門線に乗り換える
→「青山一丁目」で、都営大江戸線に乗り換える
→六本木へと移動。

普段地下鉄を使わない、東京いつまでたっても初心者にとって、
青山一丁目の都営大江戸線に乗り換えるのは、少し戸惑いました。

六本木駅ついてからが、さらにひどい。
いったい、いつまでエレベーターあがればいいんだと不安になる。
トイレを探して、トイレマークがあるからずっと上がって行ったのに、
結局出口になってしまい、なぜか、建物がつながっている、
東京ミッドタウンに入り込んでしまいました。

東京ミッドタウンとはなんでしょう?
地下鉄、都営大江戸線の六本木駅8番出口と直結。
地下鉄、東京メトロ日比谷線の六本木駅と地下通路で直結している、
2007年3月にオープンした、10ヘクタールもの広大な土地に、
緑地とオープンスペース、オフィス、商業施設、賃貸住宅、ホテル、
デザイン関連施設、メディカルセンター、ホール&カンファレンスからなる
新しいスタイルの大型複合都市だそうです。もともとは、東京都港区六本木の
旧防衛庁跡地と港区赤坂9丁目再開発計画により誕生した
複合施設及びその地域一帯なんだそうです。

シンボルとなるミッドタウン・タワーは、地下5階・地上54階・高さ248mと、
六本木ヒルズ森タワーだけでなく、東京都庁舎第一庁舎をも追い抜き、
都内で最も高い超高層ビル。
ミッドタウン・タワー最上層にある、ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」や
赤坂から移転した「サントリー美術館」が注目施設で、他にもいろんなお店や
施設があり、人気だそうです。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


さて、田舎者が、東京ミッドタウンにそろそろと舞い込んで
一番最初に見つけたのが、おもろいオブジェでございます。
暢気に写真なぞ撮ってみました。(ちゃんとカウンターの方に許可撮ったよ)

なんだ、これ!おもしろすぎる~!わくわくで近づきますw

そら豆が空を見上げている?!

おお~☆なかなか素敵ですぞw

お子様もたくさん群がってました。この穴が面白い!

六本木の中心に、そら豆がある!斬新な発想ですな~*
いやあ、このオブジェ、面白かったです~♪
おっと、いかんいかんと、トイレを探す。トイレでしばし並ぶ。
やっぱ、土日に繁華街は寄ってはいけませんね。
女性トイレは待ち時間必須です。覚悟が必要ですね。

そとに出るのにもかなり迷いました。ようやく駅の出口に戻り、
果たして、今いるこの出口でいいのかさらに迷う。
上がってから、なぜか、日比谷線のほうに行ってしまい、
そんな自分にいらいらしながら戻る。
六本木なんて、六本木で下りるのも、ギャラリー見るのも初体験!
無事着くんかいな・・と焦りながらも、なんとか、地図を確認して
太い道路に行くが、途中またオブジェ見つけて、撮ってみました。(暢気*)
カップルとか結構撮ってたましたね。わかる気がするw

このあと、無事にギャラリーに辿り着き、取材できましたが、
いや~東京の、六本木のミッドタウンの入り口と
目玉の面白いオブジェが見れただけで充分ですw

・・・え?ところで、中に入らないのかって?
多分、興奮して鼻血が出ちゃうと思うので、
もう少し落ち着いたら、いつかまた・・・
(小心者なのです。苦笑;。)

【話題の現場】地価日本一の場所に行ってみた

実は普段から、銀座という街には、なかなか行く機会がありませんでした。
今回、銀座で個展があるとのことで、銀座でギャラリー初体験してきました。

訪れたのはミレージャギャラリーさん
銀座にOPENして半年、とても広い空間です。
オーナーの大城裕一さん曰く、
「調べてみると、銀座が一番ギャラリーが多く、
 皆が注目する場所なのでどうせなら最初から
 銀座で始めようということで始めました」
最近の銀座は、ブランドショップなどが軒並み出展していますが、
昔から、大小様々なギャラリーなども多いエリア。
いわば、ギャラリーのメッカという場所なんです。

しかし、銀座で物件を借りるとなったら、相当な金額かかるはず。
それにしても、いきなり初めから銀座でOPENというのは凄いですね。
ちなみに、銀座だけに出展するにも、相当高いんだろうなと思っていると、
「銀座のギャラリーの中では、安いほうだと思います。
 また、作品を売ってもいいし、売らなくてもいい。
 作品・グッズなどの販売手数料も頂きません」
と、おっしゃる反面、
「でも、銀座の品は保って行きたいと思っています。
 どなたがいらしても、やっぱりここは良い所だねと
 言ってくださるような空間にしていきたいです」
やはり、銀座ならではのこだわりも、しっかりあるようですね。


さて、その銀座で話題になったのが、銀座4丁目。
今年の公示地価で全国最高価格地になった
「山野楽器銀座本店」がある場所で、
その価格は、
 ●1坪(3.3平米)1億98万円
だそうです。

つまり、今、わたしが立ってる靴のスペースだけでも、相当な金額!

隣で飾られていたカラーたち。自分が日本で一番高い土地に
飾られてるなんて、思ってもなかったでしょうねぇ…。


■ご参考

 ・銀座(ウィキベディア)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/銀座

 ・公示地価(ウィキペディア)
  http://ja.wikipedia.org/wiki/公示地価

 ・平成19年地価公示
   http://tochi.mlit.go.jp/chika/kouji/20070322/index.html
   (土地総合情報ライブラリー http://tochi.mlit.go.jp/ より)

 ・公示地価 銀座、14年ぶりに坪1億円突破
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000000-san-bus_all
   (Yahoo!ニュース内・3月23日8時0分配信 産経新聞)